2012/06/29

ローソンへ行って来ました

以前にこのブログでコンビニについて取り上げた際(5/9の記事参照)、
「ジャカルタには日系のコンビニも進出していて、バリよりもさらに競争が激しいそう。」
と書きましたが、バリ島にもいよいよローソンが開店しました~!!
1ヶ月ほど前にクタのトゥバンを通った際に、開店準備中のローソンを発見し、
早く行きたくてうずうずしていました。
「そろそろオープンしている頃だなぁ」とは思っていたのですが、
国内旅行者で大渋滞がおきているクタにはどうしても足が向かず・・・。
(今、インドネシアは年度末の長期休暇期間中なので、
クタエリアは国内旅行者で大混雑中なんです)

それが、なんとなんと、他にも店舗があるっていうじゃないですかっ!!
現在確認できているローソンは次の4店です。

●クタ
Jl.Tuban 中華料理レストラン「ラオタ」の近く。

●ジンバラン
Jl.Raya Uluwatu インターコンチネンタルやクプクプジンバランに向かう途中にあります。

●デンパサール
Jl.Hayam Wuruk
アートセンターの近く。

●クロボカン
Jl.Raya Kerobokanにあるそうですが、正確な場所は確認していません。
実際に行ってみて場所がわかったらご報告します。

ちょうどジンバランに用事があったので、ジンバラン店に行ってみました。
外観はまさにあのローソンです!!
「LAWSON」という懐かしい文字が輝いて見えます★
ワクワク、ドキドキ~♪

※こちらはトゥバン店の外観です
が・・・、店に入ると店内はいたってフツー・・・。
置いてある商品も他のローカルのコンビニと変わらないし。


レジ脇にから揚げやフランクフルトやおにぎりが置いてあるところが、
日本ぽいって感じではありました。
おでんコーナーもありましたが、インドネシア料理に使う練り物系だけでした。
期待が大きかった分、かなりショック。。。
大好きな日本のローソンを頭に浮かべ、
あれがあって、これがあって、それからあんなものもあってと、
美味しいものを勝手に頭いっぱい想像してた私が
悪いっちゃー悪いんですけどね(笑)
だって、いくらローソンといえども、ここはバリ島。インドネシアですから。

気持ちを持ち直し、おにぎりでテンションアップ作戦↑↑
早速1個買ってみました。


日本のおにぎりに比べるとだいぶ小ぶりですが、
1個7,000ルピアですからね。
日本米使用と書いてあったので、味に期待して一口パクッっと。
お~い~し~!!!!!
普段はパラパラしているインドネシアのお米ばっかり食べていますので、
水分の多いしっとりとしたお米に感動~!!
からあげは衣の味付けがちょっとインドネシアっぽい感じがしましたが、
マヨネーズとの相性はバッチリでOKでした。

ローソンは、アルファマートを持っているAlfa Groupと業務提携しているそうで、
ジンバランのお店も元アルファマートがローソンに変わっていました。
そんなわけで、現在の品揃えはアルファマートとほぼ変わらないのですが、
徐々に日本の商品をいっぱい置いてくれるといいなぁと思います。

もう1つ嬉しいものを発見しちゃいました♪


ジャジャ~ン!!!!!
焼肉屋さかい!!
この外観はあの焼肉屋さかいに間違いないですよね??
まだオープンしていないようでしたが、外観の感じではオープンも近々っぽいです。
外にBEEF、PORK、CHIKENなどと書かれていて、
それぞれ値段が約3万~5万ルピアになってました。
微妙な値段設定。。。
1皿の量にもよりますけど、在住者にとっては決して安くない値段です。
あの値段で大皿にお肉てんこ盛りだったらいいのになぁ♪
と、オープン前だからこそできる”無謀な期待”に胸膨らませている私です。

by T

2012/06/28

満を持して登場!ロンボク島オンリーのツアー

サーフィンのベスト・シーズン真っ只中のロンボク島!
「PCに向かってるだけじゃなく、久々ロンボク行きたいなぁ~!!」
と思いながらブログを書いてる今日この頃です。

1度あの波を体験したらヤミツキになってしまうロンボク島!!
「ロンボク島だけのツアーって無いですか?
バリ島やシンガポールはステイしたくないんだけど・・・」
というお客様の声が日々多くなってきました。
なんとかしてそういったお客様の要望にお応えしたいと、一生懸命考えました。
その結果、苦肉の策ですが、とうとうツアーが出来上がりました!!

羽田出発の成田到着。
ちょっと変則ですが、これならばバリ島泊やシンガポール泊で時間を取られることなく
ロンボク島を満喫することができます。

ツアースケジュールもちょっと変則で3泊6日や4泊7日となりますが、
別に時間にロスがあるわけではないので、
是非是非チェックしてみてくださいね。

★ロンボク島ステイのみサーフトリップツアー
弊社一押しの「LAKUEN」泊でご案内しておりますが、
他のホテルでもご利用可能です。
お問い合わせ下さい。

その他のロンボク島ツアーも是非ご覧下さい。
★人気の羽田発着 ロンボク・サーフトリップツアー
★オーソドックス成田発着 ロンボク・サーフトリップツアー
★関空発のロンボク・サーフトリップツアー

ロンボクツアーのエキスパート!!是非お申込お待ちしておりま~~~す。

by E

2012/06/27

ガルーダ・エグゼクティブ・ツアー!ちょっと追加!

先週、「ガルーダ航空のエグゼクティブクラスって割安で最高!
というタイトルでビジネスクラス利用のご案内をしましたが、
今日は耳寄り情報の追加です!!

ガルーダ・インドネシア航空のエグゼクティブ(ビジネスクラス)利用の5日間ツアーが、
なんと118,000円~でご用意できました!!
しかも、1人旅でこの値段!!
もちろんホテル込みですよ。
ホテルはクタ地区なのでサーファーにもオススメ♪
サーフボードは無料搬送できます。
友達や家族の都合を気にせず、たまには気軽に1人旅はいかがですか?エグゼクティブでこの値段だったら・・・自分へのご褒美ですよね。
★エグゼクティブクラスで優雅な1人旅★

今後もどんどんコースは増えていく予定ですので、お楽しみに!!
サイトに掲載されていないホテルでもお気軽にお問い合わせ下さい。
ご希望のホテルをお知らせいただけましたら、即見積もりいたします。
★上記以外のエグゼクティブツアーはこちら★

楽しく、思い出に残る旅をご提供いたします。

by E

2012/06/26

喫煙天国バリ島もいよいよ!?

バリ島は実は喫煙天国なんです。
遊びに来たことがある人は知っているかもしれませんが、
どこに行っても紫煙をくゆらせてるおっちゃんや兄ちゃんがいます。
「え?こんなとこで?」ってビックリするようなとこでも吸ってます。
喫煙席と禁煙席を分けているようなお店は
観光客相手のレストランでさえ一部のみです。
日本では肩身の狭~い思いをしている喫煙者も
ここバリ島では悠々自適にタバコを楽しむことができるんです。

しかーし、そんなバリ島も、さすがに世の中に逆行していると思ったのか、
喫煙規制に動き始め、6/1から禁煙条例が施行されました。
まずは、市役所や警察などといった政府関連機関、
学校、病院、子供の遊び場などから適用開始です。

先週、用事があって市役所的なところに行ったんですが、
入り口の外におっさん達がいーーっぱいタムロしてたんです。
「なんだろ、この人たち?こんなところで何待ってるんだろう?」
とその時は思っていたのですが、
後から思えばみんなタバコ吸ってました。
建物の中で吸えなくなってしまったので、外に吸いに来てたんですね。
でも、すんごい人数でしたよ。
しかも、「ちょっと外に一服しに来た」という感じではなく、
座っておしゃべりしながらまったりしてました。
あの人たち、どのくらい外にいたんでしょう?
禁煙条例施行のせいで、仕事の能率だいぶ下がるんじゃないでしょうか?
そっちの方が心配です(笑)

今後、その他の公共の場所に関しても、徐々に適用していくそうです。
今の日本では味わえないような開放感で
バリ島でタバコを思いっきり楽しんでいた愛煙家の皆様、
今後の動きに要注意です。
また情報が出ましたら、こちらのブログでも随時お知らせしていきます。

by T


バリ島でウエディング

先週の土曜日に、ウブドのコマネカ・アット・ビスマのワナスマラチャペルにて
ウエディングがありました。
今日は、今回のウエディングを参考に
バリ島でのウエディングの流れをご紹介したいと思います。

新郎新婦様とご参列者様は、挙式会場とは別のホテルにご宿泊でしたので、
まずは会場であるコマネカ・アット・ビスマに車にて移動です。

(左)新婦様用控え室にてメイク開始 / (右)ご参列者様用のラウンジ
8:30~ 準備開始
会場のすぐ脇にある控え室にてお支度開始です。
まずは新婦様のメイク&ヘアメイクからスタート。
新郎様の準備は30分ほどで終わりますので、挙式30分前の9:30より始めます。
コマネカ・アット・ビスマの控え室は、
新郎様用と新婦様用にそれぞれ別々の個室がありますので、
挙式直前まで新郎様と新婦様は顔を合わせることなく
準備を進めることができます。
全ての準備を終えた挙式直前になって、初めて美しい姿を旦那様に見せたい♪
というのは、とても多いリクエストです。
コマネカ・ビスマは、控え室が整っていますので、
そういったリクエストの対応には、とても便利のいい会場です。

新郎新婦様が控え室で準備をしている間に、ご参列者様が順次到着です。
ご参列者様は、挙式開始まで、ラウンジにてお寛ぎいただきます。


挙式会場であるWana Smara Chapel(ワナスマラチャペル)は、
トロピカルツリーに囲まれた美しいチャペル♪
ウブドならではの素敵な景色ですねぇ。
チャペルのすぐ脇を流れる川からはせせらぎが、
木々の中からは鳥のさえずりが聞こえてきます。


会場内は白い花々でキレイに装飾され、お花の良い香りが~♪
真っ白な花びらが敷き詰められたバージンロードもとっても素敵☆
正面(祭壇の後ろ)はガラス張りになっていて、美しい緑の木々が一面に!!
ダイナミックなとても素晴らしい景色です。


10:00~ 挙式スタート
新郎新婦様の準備が整った頃、ご参列者様が一足先に会場に入ります。
ご参列者様の温かい笑顔に迎えられ、新郎新婦様のご入場です。
指輪の交換、誓いの言葉&キス、結婚証明書への署名など、
牧師様の進行で、挙式は神聖に進められます。


無事、挙式も終わり、新郎新婦様の退場です。
新郎新婦様が、ご参列者様とフラワーガールによる人垣を歩くと、
みんなから花びらが投げかけられます。
そう、憧れのフラワーシャワーです☆
ご新郎新婦様とご参列者様に満開の笑顔がこぼれました♪

フラワーシャワーの後は、シャンパンでの乾杯と写真撮影です。
バリ島らしい明るく楽しい雰囲気の中、
みなさん写真撮影を楽しんでいらっしゃいました。
その後、ご参列者様はラウンジに戻り、
新郎新婦様はホテル敷地内でのフォトツアーへ。
撮影した写真はアルバムにしてお客様にお届けいたします。

12:00~ 終了
挙式&フォトツアーも無事終わりましたので、
皆様それぞれご宿泊のホテルに戻ります。
弊社にてドレスをレンタルされている場合は
ここですぐに着替えていただくことになりますが、
ご自信でドレスをご持参の場合は、ご希望がありましたら、
ドレスを着たままご宿泊のホテルまで移動することも可能です。

新郎新婦様もご参列されたご家族やご友人も、皆様とても明るく、
アットホームな雰囲気のとても良い挙式でした。
Mご夫妻、どうも有難うございました。末永くお幸せに♪
またバリ島にもぜひ遊びにいらしてください。

※上記は挙式の一例です。
    内容やスケジュールは、挙式会場や諸条件によって変わりますので、
    ご予約時にご確認下さい。

バリ島でのウエディングは、
姉妹サイト「バリウエディング.jp」にて
ご案内しております。
サイトに掲載されていないチャペルやヴィラ、
ホテルなどでの挙式も承ります。
また、挙式後のパーティーや食事会の
アレンジも可能です。

東京本社のウエディング専門スタッフに何でもご相談下さい。
バリ島支店にもウエディング専門スタッフが常駐しておりますので、
細かいリクエストも対応可能です。
ご希望をたっぷり盛り込んだ、オリジナルの挙式を叶えてみませんか?

by T

2012/06/25

アーリーチェックイン&ロクシタンスパの付いた極上プラン♪

羽田発便で早朝にバリ島に着いた場合の過ごし方について
先日ブログでご紹介しましたが、
今日はその第2段として、
GA887便(羽田発)用のアーリーチェックイン付きプランをご紹介です♪

嬉しいアーリーチェックイン付きの気になるプランとは・・


ビーチリゾートのジンバランエリアにあるホテル
”クプクプジンバラン”利用の素敵なコースをご用意。
ホテル内にある「バンブースパbyロクシタン」にて
人気のコスメ「ロクシタン」の製品を使用したスパをご堪能下さい。

深夜羽田空港出発⇒早朝バリ島到着
        ↓
日本語ガイドと共に専用車でホテルへ直行
ホテルは朝9:00からチェックインできます
        ↓
早速、バンブースパbyロクシタンへ
長時間フライトで出てしまったむくみ&日頃の疲れを取ってリフレッシュ♪

スパ終了後は、近くのビーチやプールサイドでのんびりしたり、
ホテル内に併設されているショッピングモールでショッピングしたり。
時間も有効に使えるうえに、優雅で素敵な過ごし方!
ホテル&スパともに、バリ島の自然素材バンブーを取り入れた
ナチュラルでおしゃれなデザイン☆
心身ともにリラックスできること間違いなしです。


アーリーチェックイン、60分のスパ、セットディナーが付いたお得なプラン
【羽田発】クプクプジンバラン5日間
【羽田発】クプクプジンバラン6日間

早期予約で大変お得なプランも!!
ウブドとジンバランで過ごすラグジュアリーな旅
クプクプジンバランと、その姉妹ホテルであるウブドの”クプクプバロン”の両方に
ご宿泊できる魅力的なツアーです。
もちろんアーリーチェックイン付きです!

by M2

羽田便の到着時間について

羽田空港へのアクセスの便利さと、深夜発という出発時間帯の魅力とで、
人気上昇中の羽田-デンパサール便の就航スケジュールは下記の通りです。

羽田空港(東京) ⇔ デンパサール(バリ島)
出発
到着
運航日
便名
行き
01:00
7:00
月水金土日
GA887
帰り
15:30
23:30
火木金土日
GA886
※金・土のGA886は15:00発/23:00着となります。

出発が深夜1:00なので、仕事帰りにそのまま旅行に出かけられるのが魅力ですが、
気になるのが帰りの日本到着時間です。
深夜到着となりますので、空港から自宅への移動手段は、慎重にご計画下さい。
飛行機は、諸事情によりスケジュール通り運行されないことも多々あります。
到着時間が遅れた場合のために、
タクシー利用や空港近辺のホテル宿泊などといった
代替手段を想定しておくのがポイントです

下記は、ガルーダ・インドネシア航空からのお知らせの一部抜粋です。

弊社は時刻表や航空券に記載した運航スケジュールについて、
合理的な範囲内でスケジュール通りに運航することに最大限の努力を払うものの、
あくまで『予定』であって保証されたものではなく、
遅延を含む運航時刻の変更に伴って支障が生じても一切の責任を負わない、
という契約を基に運航を行います。
これは、運送約款に記載された条件であり、
ガルーダ・インドネシア航空のすべての国際線航空便は
この標準的な規則に則っております。
ガルーダ・インドネシア航空はフルサービス・キャリア(既存航空会社)として、
その都度、お客様のご要望に対して対応させていただく努力をしておりますが、
原則としては運送約款に基づいたサービス/対応をさせていただくものです。
GA886便は、その到着予定時刻自体が
公共交通機関の運行が終了する時間帯での設定となっており、
また運航自体は時刻通り行われても、
到着空港の航空機混雑や入国審査場の混雑など
航空会社の範疇にない事象により、
お客様が予定される公共交通機関に乗り継ぎができないケースも想定されます。

上記のようになっておりますので、
到着時間遅延よって発生するタクシー利用やホテル宿泊に関する費用は
お客様のご負担となります。
あらかじめご了承の上、羽田発着ツアーにお申し込みいただけますよう
宜しくお願い申し上げます。

2012/06/22

羽田発着で”世界遺産ボロブドゥール遺跡”へ

皆様こんにちは~!
本日は新情報のお知らせです!

皆様より多数お問合せ頂いておりました、
羽田発着便「新世界遺産の旅」がご用意できました。

【羽田発】悠久の時・世界遺産を訪れる旅


インドネシアへの旅はガルーダインドネシア航空が快適!
皆様念願の、仕事帰りに羽田空港から深夜発にて出発。、
世界遺産であるボロブドゥール遺跡とプランバナン遺跡があるジャワ島と、
世界有数のリゾート観光地「バリ島」の2箇所を
一気に楽しめるコースです♪

お客様の要望にお応えして素敵な旅をご提案させて頂きます。
細かなご要望など何でもお任せください。お見積りもいたします。

まだまだ続々と世界遺産の旅が増えていきますので今後も要チェックです!!!

by M2


ガルーダ航空のエグゼクティブクラスって割安で最高!

エグゼクティブクラス(ビジネスクラス)といえば
「すごーく高い!!無理無理~!」
というのが一昔前のイメージでしたが、
近頃はだいぶ変わってきました。
日本-バリ島間の直行便を運行している
ガルーダ・インドネシア航空も例外ではなく、
サービス&ハードの質は落とさずに
(現在はエアバス330の最新機材を使用)、
値段だけがリーズナブルになってきました。

というわけで、エグゼクティブクラスに乗って行く
バリ島旅行はいかがでしょうか?

アマンリゾート+ガルーダ・インドネシア航空エグゼクティブクラス
”バリ島の高級リゾート”といえばやはりアマン!!
エグゼクティブクラス&アマンリゾートでリッチな旅を♪

羽田発・エグゼクティブ・クラスでこの値段!
”飛行機の座席にだけこだわりたい”という方はこちら。
とことん安いツアーなのに、機内では優越気分を満喫。
最近は、サーファーの方にもエグゼクティブクラスが人気です。
羽田発で、なんとお一人様104,500円~

今後もコースはどんどん増えていきますのでお楽しみに!!
その他のコースも見てみたい方はこちら

本当はまだ、オフレコですが、さわりだけ・・・・
近々、ジョグジャカルタ行きのエグゼクティブクラスが、もっと割安になりそうです。

お問い合わせいただければ、今のうちからご案内いたします・・・・内緒で・・・・
ご連絡待ってま~~~す。

お電話またはメールにてにてお問い合わせ下さい。
メール:tokyo_sunrise@srw.co.jp
電話:03-6406-8881

by E

2012/06/21

機内発給ビザ取得の流れ

先日このブログにて、
機内発給の到着ビザ代の支払い通貨変更について」お知らせいたしましたが、
今日は、ビザ発給の流れについてご説明いたします。

下記は成田空港用のものですが、関空も同じ流れとなります。


 搭乗手続きの後、<入国査証(短期ビザ)代金支払いカウンター>にて、ヒザ代金おひとり様25アメリカドル相当額を、日本円でお支払い下さい。日本円額は、毎日の為替レートに応じて変動し、当日のレートは支払いカウンターでご案内いたします。引き換えに発行されるビザ代金受領証(レシート)は大切にお持ち下さい。

入国審査・ビザ発給は到着までの機内にて行います。出国カードをご記入の上、お待ち下さい。
入国審査官にパスポートとビザ代金受領証、出国カードをご提示ください。入国審査が終わりますと手続き完了を証明するカードを渡されますので、ビザ代金受領証(レシート)の控え共にインドネシア出国まで大切にお持ち下さい。

到着後、入国審査場へお進み下さい。入国審査場では、専用ブースにて手続き完了のカードをお渡しください。

できたてホヤホヤの新ホテル

6月15日、スミニャックにまた新たなホテルがオープン!!
ホテルの名前は、センス・ホテル(Sense Hotel)。
近くにはクーデタ、ポテトヘッド、ビク、などといった人気のレストラン&カフェや、
外国人オーナーが経営するおしゃれなショップなどが立ち並んでいますので、
グルメやショッピングに目が無い日本人にピッタリの立地です!
ちなみに、センス・ホテルはスミニャックのウォラズ・ヴィラズ(Wolas Villas)と
クロボカンのウマ・ヴィラズ(Uma Villas)と同系列のマネージメントです。

先週、オープン記念パーティーに行って来ました。


ホテルの前には高級車がズラリと並び、
受付にはキレイなお姉さん達が受付嬢として立っていました。


プールエリアでは、バンド演奏、ダンスショーなどがあり、
アーティストのPINKAN MAMBOも来て歌っていました。(知らないですけどw)


たくさんの招待客が来ていたので、中は人だらけ。
仕事終わりでお腹が空いていたので、
日ごろ食べれないお刺身やお寿司をたくさん食べました。(笑)



もちろんお部屋も見せていただきました。
カテゴリーは、スーぺリア、デラックス、エグゼクティブスイートの3種類。
スパ、プール、レストラン、バーなど、施設も充実です。

モダンなデザインとアットホームな雰囲気が素敵なホテルでした。
近日中にセンス・ホテル利用のツアーを発売予定ですので
お楽しみに~!!

by M

2012/06/20

早朝バリ島着の過ごし方

4月下旬より就航されたガルーダインドネシア航空の羽田⇔デンパサール便。
「成田じゃなくて羽田発」、「朝じゃなくて深夜発」、「経由便じゃなくて直行便」
と、使い勝手が良いため、なかなかの人気です!

が、到着時間が早すぎるのが難点・・・。
GA887便はバリ島に朝7:00に到着するため、ホテルにはまだチェクインできず、荷物の扱いに困るところ。

でもご心配なく!!
コムデ・バリ島では、GA887便利用ツアーの為に
多彩なサービスをご用意しています。

  1. アーリーチェックイン
    アーリーチェックインとは、現地時間15:00以前のホテルへのチェックインのことです。ホテルにすぐにチェックインして、長時間フライトの疲れを取りましょう!快適なバリ島滞在のスタートになること間違いなしです。
  2. 無料荷物預かりサービス
    空港近くにある弊社バリ島オフィスにて、無料荷物預かりサービス実施中!!
  3. 車チャーター
    「疲れてなんかいられない!すぐにでもどこかへ出かけたい!!」という人にオススメ!1日8時間の車チャーター(ガイド付きまたはガイド無し)で、自由自在に出かけましょう。
  4. モーニングスパ
    「まずは疲れを癒したい」という方にオススメ!スパに直行で、日頃の疲れとフライトの疲れを一気に取りましょう!

    【バリラトゥでのモーニングスペシャルコース】
    A)モーニングフルボディマッサージ 2時間 US$60/1名様
    B) モーニングフルボディ+フェイシャル又はクリームバス 3時間 US$90/1名様
    C) モーニングオールトリートメント 4時間 US$100/1名様

    上記コースには、バリラトゥからのスペシャルギフトが付いています。
    US$6(1名様)の追加料金にて、お食事もつけられます。
    (インドネシア料理6種類またはヘルシーライトミール6種類から選べます。)

上記サービスのさらに詳しい情報は、
羽田発着ツアー特集のページをご覧下さい。

バリラトゥについては、スパのページをご覧下さい。

by T

2012/06/19

ちょっとした耳より情報!

バリ島は本当に多種多様な顔を持つ、世界的リゾートです!!
そんなバリ島のちょっとした耳寄り情報です。

★バリ島挙式のおすすめ★
ウブドで挙式をお考えの方に新情報!!
バグースジャティ挙式は2泊宿泊料込みで、大変お得ですよ!!
バグースジャティ・プレミアムプラン・オールインパッケージはこちら!
(姉妹サイト「サザンリゾートウエディング」にてご案内中です)

★ニルワナ・バリ・ゴルフ・クラブ★
タナロット寺院が見ながらのゴルフなんていかがでしょう?
ニルワナ・バリ・ゴルフ・クラブ利用・ゴルフツアーはこちら!

★アマヌサご宿泊の方に★
アマンヌサのプライベートビーチで、
オリジナルソフトクリームをぜひチョバ(インドネシア語:試食・チャレンジ)」
してみてください。
なかなか美味しいですよ♪
アマヌサ・ツアーはこちら!

by I

2012/06/18

アートフェスティバルに行って来ました

バリ島デンパサールにて開催中のアートフェスティバルに行って来ました~!
アートフェスティバルは朝から開催されていますが、
盛り上がるのは夜のステージ。
というわけで、夜のステージ目当てに行って来ました。

夜のステージは、ほとんどが20時スタートです。
何年か前、19時頃に行ったら、駐車スペースが空いてなくて苦労したので、
今回はかなり早めの17時に会場に入りました。
かなり余裕で駐車スペースを確保♪

20時のステージを見るのに17時に会場に行ってしまったら
時間を潰すのが大変じゃないかって?
ご心配なく~。
会場内には楽しい場所がいっぱいですから~!!



日本の昭和の時代の「○○横丁」みたいな懐かしい感じのこれは
Pameran(パメラン)と呼ばれるものです。
パメランを辞書などで調べると展覧会となっていることが多いですが、
上の写真のパメランの場合は
「夜店に毛が生えたようなもの」と訳すのが良いかもしれません(笑)

夜店と言っても、色んな店舗が出ていて、ホント何でも売ってますから~!
1番多いのは服や下着、バッグ、靴などの身に付けるものですが、
シーツにタオル、金物、ちょっとした電化製品、CD、文具・・・などなど。
中にはTVなどオーディオ機器のリモコンだけを売ってる
リモコン屋さんなんてものもあります。
これが結構人が入っているから笑えます。
バックはヴィトンにグッチ、靴はクロックスにナイキ、服はGAPにアディダスと
ブランド揃いですよ!!
(まー、コピー商品ですけどねw)
特に買いたいものは見つからないかもしれませんが、
そういった店を見てるだけでなかなか楽しいものです。


子供が楽しめるエリアもあって、メリーゴーランドや観覧車などの乗り物があります。
このレトロなデザイン、なかなか良くないですかぁ?
おもちゃ売り場では、これまた懐かしいものを発見!
水の上をくるくる回る船とか、
クビを振りながらワンワン♪ってほえる犬とか。
これを懐かしいと思う時点で年がバレそうですが、
懐かしさのあまり思わず買いそうになってしまいました(笑)


メイン会場近くには、インドネシア各地の工芸品のパメランも出ています。
銀細工、木工品、バティック、楽器、民族衣装など、
た~くさんのものが売られていました。

会場内にはかなりローカルフードではありますが、フードコートもあります。
私の大好きな、ウブドの有名店「ナシ・アヤム クデワタン」が出店していたので、
迷わずナシ・アヤムをゲット!
やっぱり美味しいなぁ♪


パメラン好きな私は、時間を忘れてパメラン巡りをしてしまい、
17時にアートセンターに到着していたにもかかわらず
メインの野外ステージに行ったのはなんと20時・・・。
既に会場は満員の人でした。
いい席はすっかり埋まってしまっていて、
ステージ左脇の見づらい場所しか空いてないし・・・。

とにかく席は確保できたので良しとしましょう。
インドネシア各地からの招待客の紹介や、
バリ島政府観光局局長の挨拶などが一通り終わって
いよいよステージのはじまり はじまり~!!


が、なんと始まったのはMr&Msバリ決定戦・・・。
新聞に出ているスケジュール、公式サイトに出ているスケジュール、
事前に配布されているスケジュール、
どれもこれも内容が違っているのは毎年のこと。
ましてや今年はギリギリになって開催スケジュールが変更になったので、
事前に公式サイトで調べていたスケジュールがアテにならないのはわかっていました。
でも、まさか今日がMr&Msバリ決定戦だったとは。
1番興味が無いプログラムでした(泣)

室内ステージの方ではアートダンスが行われていたのでそちらを観てきました。
伝統的な踊りとコンテンポラリーダンスが融合された
まさにアートな踊りでした。

パメランでバリ人の買い物風景を観察したり、
インドネシア各地の工芸品を見たり、
踊りや音楽の伝統芸能を鑑賞したり、
色々楽しめるバリ・アート・フェスティバル。
7/9まで開催されていますので、ぜひ足を運んでみて下さ~い!!

バリ・アート・フェスティバル2012を観に行くツアーはこちら!!

by T

2012/06/15

アメティスヴィラ

本日は、バリ島のチャングーエリアに2011年3月にオープンした
『Ametis Villa / アメティスヴィラ』をご紹介します。

チャングーは、クロボカンから車で少し北へ向かった
ライステラスが広がる閑静なのどかな場所ですが、
近くにサーフポイントがあり、
また、ショッピングや食事に便利なスミニャックやクロボカンに近いこともあり、
欧米人を中心とした外国人が多く在住しています。

半オープンスタイルのリビングとプライベートプールが付いたプレミアヴィラ

アメティスヴィラでは、チェックインからチェックアウトまで
専属バトラーがきめ細やかにケアしてくれます。
また、ヴィラ内にはオンデマンドのビデオシステムラウンジやレストラン、スパなど
ハイグレードの設備が完備されていますので、
まるで自宅にいるような感じでゆったりと過ごすことができます。

大きな窓から明るい光の差し込むベッドルーム(プレミアヴィラ)

アメティスとは、インドネシア語で”アメジスト(紫水晶)”という意味で、
各お部屋の名前にも色々な宝石の名が用いられています。
名前にあやかって、宝石のように輝く素敵な休日を過ごせたらいいですね♪

ヴィラ内に完備されたスパルーム

アメティスヴィラには日本人スタッフもおりますので、日本人のお客様も安心です。
緑と海に恵まれたチャングーでの優雅なヴィラステイを、ぜひご体験下さい♪

アメティスヴィラに泊まるツアーはこちら!
今後新たなコースも登場予定ですのでお楽しみに☆

by M2

サーファーガールズ 本日発売!

近年は雑誌の発刊が少なくなってきていて
「紙よりWEBの時代なんだなぁ」と実感するこの頃ですが、
雑誌は雑誌でやはりいいですよねっ!
サーフィン雑誌でキレイな海やパーフェクトウェーブの写真を見ると
鳥肌が立つのはボクだけではないと思いますが、みなさんいかがですか?

サーフィン雑誌の中でも、女性向けはさらに少ないのが現状でが、
発刊不定期の女性向けサーフィン雑誌『SURFER GIRLS / サーファーガールズ』が
本日発売になっています。
きれいな写真、かわいい女性、美しい女性をフューチャーした雑誌を
久しぶりに見た気がしました。

そのサーファーガールズに、弊社オススメの「ロンボク島」と、
そしてロンボクの中でもいち押しの「ラクエン・イン・ロンボク」の広告を、
姉妹サイト「サーフィンキング」の名前で出しています。
雑誌を見ていただくとちょっとした特典が!!
是非ご覧下さい!!


ロンボク島ツアーはこちらから!!
LAKUENはもちろん、その他色々なホテルも取り揃えました。
ご予約、お待ちしていま~~~~~~す。

by E


2012/06/14

ウブドのやさしさ

バリ島の町並みは月日のごとく変化しつつありますが、
ウブドに向かう道中には昔ながらのバリ島の田園風景が残っていて、
数十年前の日本を思い出します。
“How long time 久しぶり”と
ウブドの町並みがいつも私に声をかけてくれます。

ウブドのロイヤルピタマハホテル

心地よく吹く風の優しさ、満天の星の優しさ、目に映る鮮やかな緑の優しさ。
ウブドにはそんな嘘のない自然の優しさがあふれていて、
いつでも私の体を包んでくれます。
私はそんなウブドが大好きです♪

心に優しい町「ウブド」へのツアーはこちらから

by I

2012/06/13

バリ島にはヨーロッパの国々の旗がいっぱい!?


この時期バリ島では、こんな風景が見られます。
フランスにドイツに、スイス、イタリア、スペイン・・・
ヨーロッパの国々の国旗があちこちに!!
中にはかなりな巨大サイズの国旗も!
バリ島にヨーロッパの国旗がいっぱいあるのはなぜでしょ~??
答えは、
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
4年に1度開催の、ヨーロッパNo.1を決めるサッカー大会
「UEFA EURO 2012 サッカー欧州選手権」です!!
ここインドネシアでは、
欧州選手権はFIFAワールドカップに次ぐ一大イベントなんですよ!
はっきり言って、オリンピックよりこっちが盛り上がるんです。
欧州選手権だから、インドネシアどころかアジアは全く関係のない大会ですが、
それでも盛り上がるんです。
オリンピック中継はたいしてやらないくせに、
欧州選手権は、6/8の開催初日を皮切りに、全試合をテレビで放送しています。

ワールドカップや欧州選手権が近づくと、
家の門脇や庭などに、国旗が高々と掲揚されるというわけです。
自分の好きなチームの国旗を掲げるそうですが、
何ヶ国もの国旗が立っている家っていうのは、
家族内で好きなチームが分かれているってことなんでしょうか?
そうだとすると、試合結果によって家庭内に嫌な雰囲気が漂ったりして?(笑)




レストランやカフェ、バー、ファストフード店、コンビニなども
この一大イベントにちゃっかり便乗です。
TVでの放送スケジュール表を張り出し、
店内には大きなスクリーンやTVを設置しています。
7/1の決勝戦までの1ヶ月弱、バリ島はサッカーで盛り上がりそうです。

by T

2012/06/12

インドネシア国内時差統一

現在、インドネシアには3つのタイムゾーンがあり、国内時差があるのですが、
それが1つに統一されることになりました。

現在のタイムゾーンを簡単に説明しますと、
  1. WIT(日本より2時間遅れ)
    ジャワ島やスマトラ島を含むインドネシアの西部エリア
  2. CIT(日本より1時間遅れ)
    バリ島、ロンボク島、スラウェシ島などを含む中部エリア
  3. EIT(日本との時差無し)
    コモド島やパプアを含む東部エリア
の3種類です。
これが、バリ島が含まれているCITに全て統一されます。
インドネシア経済の中心であるジャカルタの時間が
日本+2時間から日本+1時間に短縮され、
中国、シンガポール、マレーシア、台湾などと同じ時間帯になることで、
経済発展を見込めるというものです。
また、国内時差を無くすことで、
国内ビジネスの効率化を図るという目的もあるそうです。

経済のことはよくわかりませんが、
現在バリ島が使用している時間に統一されるのは
バリ島在住者にとっては嬉しいことです。
テレビで、「明日夜9時から」なんて予告がありますが、
その場合はジャカルタ時間でのことです。
「9時だー!」と思ってテレビを付けたらお目当ての番組がやってなくて、
「あー間違えたーー。ここバリ島での10時ってことだった。」
なんてこと、よくあります。
テレビをつけるのが1時間遅れたわけでなく、
1時間早かったわけなので、これはまだマシです。

最悪だったのは、何年か前の大みそか。
「テレビの音が聞こえてれば大丈夫だろう」と思って、
テレビをつけっぱなしにしながら大掃除やら何やらやってたら
いつの間にか0時過ぎて新年になってしまってました・・・。
ここバリ島では既に0:30でも、テレビ番組での時間はまだ23:30。
ショックな私をよそに、
「もうすぐ新年ですよ~!!」って番組MCが騒いでました(涙)

日本人には馴染みのない、このやっかいな国内時差が無くなるのは
嬉しいニュースです。
現在の予定では、10/28に統一されるとのことです。

by T

2012/06/11

アートフェスティバル日程変更のお知らせ

なんとも急な変更で、いかにもバリ島らしいという感じですが、
アートフェスティバルの日程が、6月10日~7月9日に変更になりました

6日に、日本領事館から
アートフェスティバル開会式に伴う交通規制のお知らせが届き、
その翌日にこのブログにもその案内を掲載したばかりですが、
その開会式も今日ではなく昨日に変更になっていました。
アートフェスティバルにお出かけ予定の方は、
公演スケジュールを改めてご確認されることをおすすめします。

おととい、ウルワツに用事があって出かけたのですが、
道中にパトカーや警察官がいっぱいいたんです。
政府関係の要人などがバリ島に来る際に
警官が道に立って護衛をしていることはよくあるんですが、
今回はその数が普通じゃない!
去年秋にバリ島でASEAN首脳会議が開催された時を彷彿とさせる光景。
「これは普通の人じゃないぞ。かなりの大物に違いない!」と確信した私は、
道端にいた人に誰が来るのか聞いてみました。
すると、ユドヨノ大統領がニュークタゴルフで只今プレイ中とのこと。
ガクッ!
会議とかそういうんじゃないくってゴルフプレー中とは。
警護の警察官達ご苦労様ですw

でも、なんでユドヨノ大統領がバリ島でゴルフしてるんでしょう??
いくらゴルフ好きな大統領でも、用も無いのにわざわざバリに来るはずはないし。
というわけで、ちょっと調べてみました。
すると、アートフェスティバルの開会式が10日に変更されてるじゃないですかっ!!
なんでも、ユドヨノ大統領多忙の為、急遽前倒しされたとのことです。
色々なことが直前になって変更だの取り消しだのになることが多いこの国では、
アンテナを張って、ギリギリまで情報収集をすることが大切ですね。

「急な変更などが多い、いい加減な国だ。」と思うのか、
「急な変更の対応に弱い日本に比べたら、
逆に臨機応変にやりこなせるインドネシアの方がたくましい」と思うのかは
あなた次第!(笑)

by T

2012/06/08

機内発給の到着ビザ代の支払い通貨が変更になります

ガルーダ・インドネシア航空より、
機内発給ビザの支払い通貨変更のお知らせが入りました。

現在、成田発便と関空発便の機内で発給されている到着ビザの支払いは
USドル現金のみとなっていましたが、
下記のように変更になるということです。

【変更開始日】
2012年7月2日。
7/2~7/31は、経過措置期間として、円・ドルのどちらでもお支払い可能です。

出発日 アメリカドル 日本円
7月1日(日)まで ×
7月2日(月) ~ 7月31日(火)
8月1日(水)~ ×

【対象空港と便名】
成田空港発便(GA881/GA885)、関西空港発便(GA883)

【お支払い通貨】
日本円のみ。25USドルの日本への換算方法は以下の通りです。

  1. 現在25USドル を、アメリカドル現金のみで支払いを受けている「インドネシア共和国到着ビザ」代金について、以下の計算方法において日本円に換算し、日本円現金のみで収受を行います。
  2. ご出発前日の三菱東京UFJ銀行のウェブサイトに掲載される外国為替相場表にあるアメリカドル(USD)の『TTS(T/C)』レートを基に計算し、端数は10円単位に切り上げをします。(出発日前日が土曜・日曜・祝祭日の場合は直前の銀行営業日レートを適用します)
  3. 発行する受領証は従来通り、USD25の表記となりますが、お客様からのご要望があれば日本円での徴収額をスタンプ押印いたします。
  4. 計算例
    当日の適用換算レートが 1USD=80.67JPY の場合、
    USD25 x 80.67 = 2016.75 ⇒ 10円単位切り上げで 収受額は 2,020円

ザ・バレがリニューアルオープンしました!

改装のためクローズしていた『THE BALE(ザ・バレ)』が
5/15よりリニューアルオープンしました。
今月末には、エントランス2階部分のレストランもオープンします!!

ヌサドゥアの小高い丘に建つザ・バレは、
本格嗜好の大人に根強い人気を誇るヴィラです。
南国リゾート、ゆったりをバカンスを楽しんでみてはいかがですか?

★ザ・バレに泊まるツアー
スタイリッシュなヴィラで、優雅な旅をお楽しみ下さい。
1時間のマッサージ、ランチ、ディナーの中からお好きなものを1つ選べる
特典付きコースをご用意しました!
バリ島西部国立公園の大自然の中にある
ロハスなリゾートとして人気の「ザ・ムンジャンガン」との
コンビネーションコースもオススメです♪
※ザ・バレは15歳以下の方はご宿泊できませんのでご了承ください。

★ザ・バレでウエディング
インド洋が見渡せるザ・バレの高台のガーデンで、思い出に残る挙式を♪
※ウエディングは、弊社姉妹サイトにてご案内しています。

★ザ・スパ・アット・ザ・バレ
ザ・バレにご宿泊のお客様のご利用はもちろんのこと、
他ホテルにご宿泊のお客様でもスパをご利用いただけます。
ヌサドゥア、タンジュンブノア、ジンバランエリアへは無料送迎があります。

★ヴィラ&ラグジュアリーホテルコレクション
こちらのページ内にてザ・バレについて写真付きで詳しく説明しています。
ぜひご覧下さい。

by I

2012/06/07

スーパーマーケット「ペピート」

バリ島には、観光客や在住者御用達のスーパーマーケットがいくつかありますが、
今日はその中の1つ、「Pepito(ペピート)」をご紹介します。



ペピートは私も大好きなスーパーの1つです。
青果コーナーに並んでいる野菜や果物はきれいだし、
ゴボウやホウレンソウ、えのきなどといった
普通のローカルスーパーにはなかなか置いてない野菜もあるし、
乾麺やお醤油などといった日本食材も売ってるし、
チーズやヨーグルトなどの乳製品や
ベーコンやハムなどの加工品も充実してるし、
在住者にとってはホントに助かる品揃えです。
サンドウィッチやケーキ、お惣菜などを扱っていたり、
カフェが併設されている店舗もあります。
パンコーナーで売っているパンも美味しいですよ!

ちょっとした日用品や、飲み物、お菓子、夜食などを手に入れるには
おすすめのスーパーマーケットです。

【店舗情報】
どの店舗も定休日はなく、朝7時~夜11まで空いています。
  • トゥバン店
    Jl.Kediri 36A Tuban TEL:0361-759112
    空港近くにあるので、到着時に立ち寄るのに便利です。
  • ヌサドゥア店
    Jl.By Pass Nusa Dua  TEL:0361-776490
    ジンバランのマクドナルドを越えて数分の、バイパス沿いにあります。ヌサドゥア泊の方は、こちらの利用が便利です。
  • タマングリヤ店
    Jl.Danau Batur, Perum Taman Griya  TEL:0361-770519
    ジンバランのマクドナルドを越えてすぐ、バイパスからちょっと入った場所にあります。上り車線側になりますので、ヌサドゥアからクタ方面へ向かう時の方が利用しやすいです。
  • ウルワツ店
    Jl.Raya Uluwatu  TEL:0361-703071
    ジンバランからウルワツへ向かうウルワツ通り沿い、GWKの少し先にあります。ウルワツ観光の行きや帰りに買い物をするのに便利です。

    (上記は2012年6月現在の情報です)

by T

    まだ間に合う!バリ・アート・フェスティバル 2012

    6月10日から7月8日の期間にバリ島に出発予定の方に必見!!
    一年に一度の、バリ島最大の芸術祭『バリ・アートフェスティバル』が
    6月11日~7月9日、デンパサールにて開催されます。


    日本で言うと、東京ビックサイトで開催される、イベントを思い浮かべてみてください。
    ステージでは、色々な踊りや演奏が開催され、
    ブースではバリ島内の各地からの特産品が出展されています。
    普段なかなか見れない伝統芸能を堪能したり、
    絵画、バティック、アタ製品、などといった工芸品ショッピングを
    お楽しみ下さい♪

    バリ・アートフェスティバル 2012のツアーはこちらをクリック!

    ホテルのアレンジや日程のアレンジ等、何でもお気軽にご相談下さい。
    お待ちしてま~~~~~~す!!

    by I

    -----------------------------------------------------------------------------------------------

    バリ島の日本領事館から、
    バリ・アート・フェスティバル開催に伴う交通規制について
    のお知らせが届いていますので、あわせてお知らせしておきます。

    【バリ・アート・フェスティバル開催に伴う交通規制について】

    平成24年6月6日(総12第18号)
    在デンパサール日本国総領事館

    6月11日(月)、第34回バリ・アート・フェスティバルの開会式がユドヨノ大統領出席の下、デンパサール市内で開催されます。これに関連して、午後2時から、デンパサール市レノン地区のラヤ・ププタン通り(州知事庁舎南側のププタン広場前の道路)において、パレードが実施される予定です。このパレードに合わせ、総領事館の東側交差点(ラヤ・ププタン通りとプムダ通りの交差点)から会場周辺道路(ププタン広場一帯の周辺道路)は、当日朝から夕方にかけて終日交通規制が行われる予定です。
    つきましては、当日、総領事館へ来館を予定されている方は、総領事館前の道路が交通規制により進入できない状況となっていることをあらかじめご了承下さい。
    なお、特にお急ぎでない場合には、当日の交通渋滞等を避けるため、他の日の来館をお勧めいたします。よろしくお願い致します。
    総領事館周辺地図:
    http://www.denpasar.id.emb-japan.go.jp/japan/01_00about_jp.html#id3

    2012/06/06

    バリ島、昨日のルピアの為替レート

    昨今の円高の影響で、
    対ルピアにおいても円が強くなっています。
    両替屋さんの前をちょうど通ったので
    看板を見てみるとなんと120超え!!
    120を超えたのは2008年末以来です。

    120.55というのは、
    1円=120.55ルピアという意味で、
    1万円を両替すると1,205,500ルピアになります。
    ルピア主体にすると、
    1ルピア=0.008295円。
    わかりづらいのでもう少し額を大きく設定すると、
    1000ルピア=8.295円になります。



    2008年以前の80とか90のレートに比べると、かなり大きな違いです。
    80だと1万円=800,000ルピアになるので、
    今と比べると約400,000ルピアもの差になります。
    400,000ルピアというと、日本円にして約4000円です。
    1万円の両替で4,000円も差が出るってすごいですよねー。
    しかも、バリ島で4,000円と言ったら、そこそこの額です。

    ワルンでのナシチャンプル約40回分、
    ビンタン小ビール約30本分、
    スミニャックのおしゃれなレストランでの食事2名x1回分・・・、
    これってすごいですよ!

    ルピアは、基本的に円/ドルの為替相場と同じ動きをします。
    今日は昨日に比べ、対ドルに対して円安になっていますので、
    ルピアも昨日よりは値下がりしていると思いますが、
    それでもまだまだ円が強いことには変わりありません。
    バリ島およびインドネシアに来るなら今がチャンスですよ~!!

    by T

    世界遺産「ボロブドゥール寺院」に行って来ました!

    さてさて、ジョグジャレポートも第3弾となりました。
    今回は、旅のメイン目的でもある
    世界遺産「ボロブドゥール遺跡」のご紹介です。

    ボロブドゥール寺院は、ジョグジャ市内から車で40-50分、
    山々に囲まれた緑豊かな地に建つ遺跡です。
    プランバナンがヒンズー教の寺院なのに対し、
    こちらは仏教寺院です。

    ボロブドゥールに行くなら、時間の許す方は
    日帰りではなく1泊2日で行って、サンライズを見るのがおススメ!!
    もちろん、私もサンライズコースで!
    泊まっているホテルがジョグジャ市内だったので、出発は朝の4時~(眠)
    でも早起きしたかいはありました。


     寺院の1番上に着いた時はまだ真っ暗でしたが
    しばらくするとうっすら明るくなってきました。
    この日は霧が結構出ていたのですが、それがまた最高でした!!
    寺院から見下ろす木々に霧がうっすらとかかっていて、とても幻想的でした。


    前日夜に雨が降った為、お天気が心配でしたが、
    きれいなサンライズを見ることができました。
    ムラピ山の山頂近くから太陽が出てくると
    ボロブドゥール寺院が逆光に浮かび上がってきます。


    ボロブドゥール寺院は9段の階段状のピラミッド型をしています。
    下の5段は回廊になっていて、その総長は約5km。
    その回廊には、お釈迦様の生涯を通した仏教説法のレリーフが
    なんと1460面も彫られています。
    仏教徒である日本人としてはお恥ずかしい話ですが、
    お釈迦様の生涯についての知識があまりなかった私には、
    ガイドさんが説明してくれたレリーフのお話はとても面白かったです。


    上の7段には、釣鐘状のストゥーパと呼ばれるものが72基並んでいて、
    その中に1体ずつ仏像が納められています。
    ストゥーパが崩壊していて、中の仏像が丸見えになっているものもいくつかありました。
    回廊のくぼみにある仏像432体と合わせると、
    ボロブドゥール寺院にある仏像は計504体にもなります。

    そんな大きな建造物であるボロブドゥール寺院ですが、
    19世紀初頭にイギリス人のラッフルズ副総督に発見されるまで、
    亜熱帯の密林の中に1000年も眠っていたというから驚きです!
    発見当時は傷みが激しく崩壊の危険があった為、
    寺院は再び埋められてしまったそうです。
    本格的な修復が始まったのは1970年代始め。
    多くの国が資金協力をし、ユネスコ指導のもと、
    約10年もの歳月をかけて修復されました。
    日本も資金協力をしたそうで、石碑に資金提供団体などの名前が刻まれていました。

    それにしても、ボロブドゥールは期待以上に素晴らしい所でした。
    「あ~、ガイドブックとかネットで見た通りだぁ!」
    って思って感動するパターンもありますが、
    ボロブドゥール寺院の場合は、
    ガイドブックやネットで見たものとは違っていて感動しました!!
    なんでなのかと考えてみたのですが、
    その理由は、たぶんボロブドゥール寺院が大きすぎるんだと思います。


    私も色々な場所から色々な角度から挑戦してみましたが
    その全貌を写真にうまくおさめるのが難しいんです。。。
    遠く離れたら全体像を映すことはできましたが、
    それだと細部が見えず、単なる石の建造物にしか見えないんです。
    それが実際にその場に行くと、細部を見つつ、
    同時にその壮大さも一緒に見ることができるので、
    感動するんだと思います。
    ぜひぜひ皆さんもその目でボロブドゥール寺院を見てみてください♪



    【成田発】【羽田発】【関空発】 世界遺産を見に行くツアー 4日間~10日間
    ジョグジャカルタに泊まって、世界遺産見学を楽しむツアー!
    世界遺産をじっくりと見学するコース、ラーマヤーナ舞踊鑑賞付きコース、
    ジョグジャの隣の町「ソロ」の観光も付いたコース、
    バリ島滞在がセットになったコース、
    などなど、4日間~10日の日程で多数取り揃えました。

    【バリ島発】ボロブドゥール&プランバナン日帰りオプショナルツアー
    バリ島旅行のついでに、ジョグジャカルタまで日帰りツアーに出かけて
    世界遺産を楽しむオプショナルツアーです。

    by T


    2012/06/05

    バリ島でダイビングをしよう!マンボウ狙いやマンタ狙いも!

    バリ島のマリンスポーツで欠かせないのは、サーフィン!!そしてダイビング!!
    四方を海に囲まれたバリ島には、魅力的なダイビングポイントがいっぱいです。

    【成田発】【羽田発】【関空発】  ダイビングツアー4日間/5日間
    パダンバイでの2ボートダイプまたはトランベンでの2ボートダイブが
    2日間付いています。
    弊社バリ島オフィスに併設されているダイブショップ「イエロースクーバ」の
    経験豊富なインストラクターがご案内します。
    このツアーのすごいところは、なんと1人参加でも同料金!!
    1人参加の追加料金無しでご参加いただけます。
    18時までのレイトチェックアウトも付いていてお得です!

    【成田発】【羽田発】【関空発】 マンボウ狙いダイビングツアー5日間
    今だけのシーズン限定、マンボウ狙いでヌサペニダでダイビング!!
    追加料金でマンタポイントへも!
    ダイビングで疲れた体を癒す30分のマッサージも付いています。

    バリ島には、パダンバイとトランベン以外にも有名ポイントがあります。ダイビングの技量にもよりますが、追加プランで追加ダイビングも可能です。
    今後はライセンス取得プランやダイブサファリツアーも登場予定です。
    ご期待下さいー!

    追加ダイビングや、ダイビングに関するアレンジツアーについては、お電話またはメールにて、お気軽にお問い合わせ下さい。
    メール:tokyo_sunrise@srw.co.jp
    電話:03-6406-8881


    by E

    2012/06/04

    バリ島波情報 バランガンの波


    今日は気持ちいい青空のバリ島です♪
    先日、風が強いとブログに書いたばかりですが、
    書いた翌日にパタと風がおさまりました(笑)

    昨日、出かけたついでにバランガンの波をチェックしてきました。
    今日が満月の為、昨日は潮回りが大きく、
    私が行った夕方4時はロータイドでかなり引いていましたが
    波は良く、かなり混んでました。

    水平線のすぐ上に夕日があるので思いっきり逆光です。
    写真では暗く見えますが、太陽がまぶしい晴天でした♪

    サイズは肩~頭半。セットでダブル。
    波数が多く、セットもコンスタントに入っていました。
    ちょっとポイントが遠めなので見づらかったのですが、
    なんとラッキーなことにバックに双眼鏡がたまたま入ってるではないですかっ!
    まぁ、諸事情があってバックに入れっぱなしになってたわけですが、
    たまたま双眼鏡を持ってるって言ったら怪しいですよね?(笑)

    双眼鏡で見たら良く見えること!
    チューブメイクしてるのもバッチリ見えました。
    人数は約40人でちょっと混んでましたね。

    しばらく双眼鏡でサーファーウォッチングを楽しんでいましたが、
    ふと、「カメラでこの画って撮れないのかな?」と思い、
    双眼鏡を通しての撮影にチャレンジ~。
    何やってるんでしょう、私?(笑)



    かなり苦戦したあげくに撮れたこの1枚。
    たいしてキレイな写真ではありませんが、
    1枚目の写真と比べたら、波の様子が見やすくないですか?
    この努力、とりあえず認めてくださいな(笑)

    by T

    2012/06/02

    ジョグジャ1泊2日レポート(2)

    さて、今日は、ジョグジャレポート第2弾!
    レポート第1弾はこちら

    ジョグジャで有名なものと言えば更紗(バティック)です。
    お店の裏にある工場での制作現場を見学しながら、
    バティックの作り方や伝統的な模様についてなどのお話を聞いた後、
    お店でショッピング。
    その時ふと、「バティック作り体験ってできるのかな?」と思って
    ガイドさんに聞いてみると、できるとのこと。
    それはやるしかないでしょー!
    ってことで早速バティック作り体験開始!

    下書き作業中のおじさん。細かい図柄を描いています。
    まずは布に鉛筆で下書き。
    真っ白な布に自分で好きな絵を1から書くこともできますし、
    熟練のスタッフが既に下書きをしてくれているものを使うこともできます。

    私の出来が悪かったのか、おばちゃん勝手にデザイン修正してくれちゃってます。
    下書きが終わったら、その下書きに沿って温めた蝋をつけていきます。
    写真の茶色くなっている部分が、蝋が塗られている箇所です。
    後で染色をすると、蝋のつけられていないところには色が付いて、
    蝋のついているところは色が入らず白くなる、という仕組みです。
    この蝋付け、めっちゃめちゃ難しかったです!!
    蝋を塗る道具を布に強く押し付けすぎると、蝋がちょっとしか出てこないし、
    逆に押し付けが弱いと蝋がドバッとでてしまって・・・。
    その辺の力加減のコツをつかむのが難しいです。
    しかも一発勝負ですからね~。
    思い切って一気に行くのが1番いいかもです。(かなり雑なアドバイスですがw)


    蝋付けの後は、染色。
    こちらは専門のおじさんにお任せ。 
    昔は天然の草木などで染めていたそうですが、今は化学塗料が主流だそうです。
    布にきれいに色が入ったら、熱湯で蝋を溶かして終了~。
    出来上がった作品はそのまますぐに持って帰れます。
    濡れたままなのでホテルに帰ったらすぐに干すのをお忘れなく。

    色を何色も使用する場合は、上記の作業を何度も繰り返します。
    たとえば、赤を入れたい場所以外すべてに蝋を付けて、染色→熱湯→乾燥、
    今度は緑を入れたい場所以外すべてに蝋を付けて、染色→熱湯→乾燥、
    というように、1色ごとに作業を繰り返していきます。
    気が遠くなる作業です・・・。


    バティック作りの後は、ジョグジャの町を観光。
    オランダ統治時代を彷彿とさせるコロニアル調の建物や
    庶民の足である人力車「ベチャ」など、
    「これぞジョグジャ!」といった景色が見られました。
    同じインドネシアでも、島が違うと風景が全然違うものです。
    これだからインドネシアって面白い!
    ベチャは、乗る前に運転手さんと料金交渉するのだそうですが、
    雨が降った時などは料金は2倍になると、ガイドさんが教えてくれました。
    この辺の感じはバリ島と同じですね(笑)

    夜は、ラーマヤーナ舞踊鑑賞。


    ご飯は、ライトアップされたプランバナン寺院を見ながら、
    インドネシア料理のビュッフェスタイル。
    そういや、朝ご飯もプランバナンを見ながらでした(笑)


    ご飯が終わったら、すぐ隣にある野外劇場へ移動して、舞踊鑑賞。
    バックには、またしてもライトアップされたプランバナン寺院が~!
    プランバナン寺院づくしの1日でしたw

    まだまだ続く・・・

    ジョグジャツアーはこちらから。ラーマヤーナ舞踊鑑賞付きのコースもあります!
    バティック作り体験をツアーに入れることもできます。お気軽にお問合せ下さい!