2012/06/06

世界遺産「ボロブドゥール寺院」に行って来ました!

さてさて、ジョグジャレポートも第3弾となりました。
今回は、旅のメイン目的でもある
世界遺産「ボロブドゥール遺跡」のご紹介です。

ボロブドゥール寺院は、ジョグジャ市内から車で40-50分、
山々に囲まれた緑豊かな地に建つ遺跡です。
プランバナンがヒンズー教の寺院なのに対し、
こちらは仏教寺院です。

ボロブドゥールに行くなら、時間の許す方は
日帰りではなく1泊2日で行って、サンライズを見るのがおススメ!!
もちろん、私もサンライズコースで!
泊まっているホテルがジョグジャ市内だったので、出発は朝の4時~(眠)
でも早起きしたかいはありました。


 寺院の1番上に着いた時はまだ真っ暗でしたが
しばらくするとうっすら明るくなってきました。
この日は霧が結構出ていたのですが、それがまた最高でした!!
寺院から見下ろす木々に霧がうっすらとかかっていて、とても幻想的でした。


前日夜に雨が降った為、お天気が心配でしたが、
きれいなサンライズを見ることができました。
ムラピ山の山頂近くから太陽が出てくると
ボロブドゥール寺院が逆光に浮かび上がってきます。


ボロブドゥール寺院は9段の階段状のピラミッド型をしています。
下の5段は回廊になっていて、その総長は約5km。
その回廊には、お釈迦様の生涯を通した仏教説法のレリーフが
なんと1460面も彫られています。
仏教徒である日本人としてはお恥ずかしい話ですが、
お釈迦様の生涯についての知識があまりなかった私には、
ガイドさんが説明してくれたレリーフのお話はとても面白かったです。


上の7段には、釣鐘状のストゥーパと呼ばれるものが72基並んでいて、
その中に1体ずつ仏像が納められています。
ストゥーパが崩壊していて、中の仏像が丸見えになっているものもいくつかありました。
回廊のくぼみにある仏像432体と合わせると、
ボロブドゥール寺院にある仏像は計504体にもなります。

そんな大きな建造物であるボロブドゥール寺院ですが、
19世紀初頭にイギリス人のラッフルズ副総督に発見されるまで、
亜熱帯の密林の中に1000年も眠っていたというから驚きです!
発見当時は傷みが激しく崩壊の危険があった為、
寺院は再び埋められてしまったそうです。
本格的な修復が始まったのは1970年代始め。
多くの国が資金協力をし、ユネスコ指導のもと、
約10年もの歳月をかけて修復されました。
日本も資金協力をしたそうで、石碑に資金提供団体などの名前が刻まれていました。

それにしても、ボロブドゥールは期待以上に素晴らしい所でした。
「あ~、ガイドブックとかネットで見た通りだぁ!」
って思って感動するパターンもありますが、
ボロブドゥール寺院の場合は、
ガイドブックやネットで見たものとは違っていて感動しました!!
なんでなのかと考えてみたのですが、
その理由は、たぶんボロブドゥール寺院が大きすぎるんだと思います。


私も色々な場所から色々な角度から挑戦してみましたが
その全貌を写真にうまくおさめるのが難しいんです。。。
遠く離れたら全体像を映すことはできましたが、
それだと細部が見えず、単なる石の建造物にしか見えないんです。
それが実際にその場に行くと、細部を見つつ、
同時にその壮大さも一緒に見ることができるので、
感動するんだと思います。
ぜひぜひ皆さんもその目でボロブドゥール寺院を見てみてください♪



【成田発】【羽田発】【関空発】 世界遺産を見に行くツアー 4日間~10日間
ジョグジャカルタに泊まって、世界遺産見学を楽しむツアー!
世界遺産をじっくりと見学するコース、ラーマヤーナ舞踊鑑賞付きコース、
ジョグジャの隣の町「ソロ」の観光も付いたコース、
バリ島滞在がセットになったコース、
などなど、4日間~10日の日程で多数取り揃えました。

【バリ島発】ボロブドゥール&プランバナン日帰りオプショナルツアー
バリ島旅行のついでに、ジョグジャカルタまで日帰りツアーに出かけて
世界遺産を楽しむオプショナルツアーです。

by T