2012/07/03

ロンボク島癒し旅のススメ

コムデ・バリ島いちおしのロンボクの宿「ラクエン・イン・ロンボク」より
素敵な写真が届きました~!!

ラクエンのお部屋上に広がる星空

素敵ですね~☆
ラクエンのリピーターさんが撮影したそうです。
バリ島に比べると空気がきれいで、照明の少ないロンボク南部のグルプックでは、
こんなきれいな夜空が見られるんです!!
ラクエンのfacebookで、もっと大きな画像や他の写真が見られます。

弊社では、ラクエンはサーフトリップツアーとして売り出していますが、
サーフィン以外でも色々と楽しむことができますので、
サーフィンをしない方が同行しても大丈夫ですよ。


ラクエンの楽しみ方1 「スタッフたちとの交流」

5棟の客室しか無いラクエンでは、
スタッフがお客様の名前や顔をすぐに覚えてくれて、とってもフレンドリーに接してくれます。

写真左は恥ずかしがり屋の「よしお」。
皆さん「よしお」でわかりますか?
そうです!
小島よしおに似てるのであだ名はよしお(笑)
照れ屋さんなので、「小島よしおやって~」って
言ってもなかなかやってくれませんが、
気分がノって来たらやってくれますよぉー(爆)

右側は、よしおのお兄ちゃんの「アント」です。
兄弟で同じところで働くなんて、なんか微笑ましいですよね。
アントはラクエン1の陽気者。いつも元気で冗談ばっか言ってます。
他のスタッフもみんないい人たちばかりなので、気軽に声をかけてみましょー。
ラクエンでは、スタッフ達との交流はハズせないお楽しみの1つですよ♪


ラクエンの楽しみ方2 「観光」

グルプックの近くにある市場
まずは、グルプックから1番近くにある市場見学。
野菜、肉、魚といった食材から、塩や砂糖などの調味料の量り売り、
洋服、CD、日用雑貨などなど、とにかく何でも売ってます。
毎日の生活に必要なものはここで全部揃っちゃいそうな勢いです。
ローカルの人々の日常生活を垣間見ることができて結構楽しいですよ。

左:クタのメインストリート / 右:クタのビーチでは物売りの子供達に囲まれるのでご注意を!
市場の次は、「クタ」へ。
グルプックの隣にある「クタ」は、グルプックよりは少し栄えていて、
レストランやカフェなどがあります。
オススメのカフェは、クタから山を登った先にある「Ashtari」。


絶景~!!
晴れていればもっと遠くの方まで見渡せます。
カフェは、南欧っぽいデザインのかわいらしい雰囲気♪
窓の前に広がる絶景と、開け放しの窓から吹き込む風が気持ちよく、
何時間でもいれちゃいそうなカフェですよ。



さらにさらに足をのばしてという方は、ロンボクの首都マタラムへ。
特に何があるというわけではありませんが、
ヒンズー教がメインのバリ島とイスラム教がメインのロンボク島では、
家や建物の造りや町の雰囲気が違っていますので、
そういった町の様子などを楽しむことができます。
マタラムにはロンボク島随一のショッピングモールがありますので
ちょっとした日用品や食べ物などを購入することができます。
この間ちょっと行ってみましたが、
中に入っているスーパーマーケットが改装されていて
バリのスーパーと変わらないような品揃えになっていてビックリでした。


ラクエンの楽しみ方3 「のんびりまったり」

ラクエンのお部屋は、広い敷地にゆったりと建てられているので、
お部屋からの景色も抜群です!!


きれいにお手入れされたガーデン、メインプール、その先にある海、
さらにその先にある丘、そしてその上に広がる青い空。
まるで絵のような景色が広がっています。
お部屋の前には広~いベランダがあるので、そこでボーっとするのがおすすめです。
暑くなったらすぐ目の前にあるプールにどっぼ~ん!
そしてまたベランダでまったり。
お腹が空いたらレストランで腹ごしらえして、
午後は冷房の効いたお部屋でお昼寝したり、
本を読んだりDVDを見たり。
ラクエンのレストラン脇には日本語の本がいっぱいありますので、
本を持っていくのを忘れても大丈夫です!
そして、夕方は夕日に染まる空を眺め、夜は満点の星空鑑賞。

どうです?
サーフィンしなくたって十分楽しめますよね?
5棟だけのアットホームな雰囲気なので、
1人旅の方にもとってもオススメですよ。

【成田発】【関空発】【羽田発】ロンボク島 ラクエンに泊まるツアーはこちら
1人癒旅コースや、ロンボク泊のみのコースなど、色々ご用意しています!!

by T