2012/10/22

ゴミ事情

最近の日本はゴミの分別が大変ですよね。
自治体によってはものすご~く細かく設定されていて
分別するのも一苦労だったりしますよね。

インドネシアのゴミ事情はどうかと言うと、
分別なんてものは一切ありません。
どんなゴミも全て1つのゴミ箱にポ~ン。
分別が無いので生活するには楽と言えば楽ですが、
でも環境のことを考えると複雑な気分です。。。
ローカルに至って言えば、どんなゴミでもどこでもポ~ン!です。
タバコの吸い殻はあちこちにポイポイ、
歩きながら食べるお菓子の袋はその場でポイ、
バイクに乗りながら食べてるとうもろこしの芯も豪快にボーン。
大人がそんな状態なので、もちろん子供も。。。

白人やサーフブランドなどが先導を切って
ビーチクリーン活動が行われていますが、
悲しいことにあまり効果はありません。
いくら都市部のビーチをきれいにしたところで、
田舎の川上に住む人が川にボンボンとゴミを捨てているので
そのゴミが結局は海に流れ込み、
対岸のジャワ島からもゴミがどんどん流れ着いてしまうからです。

バリ島の人口激増に伴い、ごみ問題も深刻化してきています。
政府主導でこのゴミ問題を何とかしてくれないか?と日々思っていたのですが、
この間空港に行ったらこんなゴミ箱を発見しました!


なんと分別ごみ箱ですー!
でもでも、DRY、WET、ORGANICって??
分別の仕方が良くわからなかったので、
ゴミ箱の中をのぞいてみたら、ますますワケわからなくなってしまいましたw
どのゴミ箱も中身はごちゃまぜ~。。。。

分別ゴミ箱があっても、使う人がその意味を理解できてなければ
意味は全くないってことに気づきました・・・。

ネットで調べてみたところ、
ORGANIC=生ごみ
WET=燃えるごみ
DRY=燃えないごみ
らしいです。

分別って言葉を知らないインドネシア人にはこのゴミ箱自体の意味がわからないし、
分別を知ってる日本人でも英語の意味がわからなけらば結局意味ありません。
せめて簡単な説明なり絵なりを書いてくれたらいいのになぁと思いました。
でも、こういう分別ごみ箱が登場してきたのは一歩前進です。
空港から始まり、その後ホテルやショッピングモールなどに普及していって、
いずれは一般家庭でも分別が始まっていったらいいなぁと思います。
でもその前に、「ゴミはゴミ箱へ!」を徹底させることから始めないとですね(笑)
まだまだ先は長そうです。。。

by T