2012/12/27

バリ島2012年のまとめ その2

昨日に引き続き、今年のバリ島のニュースをまとめてみます。

バリ島初の世界遺産誕生(詳しくは7/4の記事8/30の記事へ)
「スバック」と呼ばれる棚田の水利システムが
ユネスコの世界遺産に登録されました。
登録されたのは、タマンアユンやジャティルイを含む5つの棚田エリア。
インドネシアとしては8つめ、バリ島では初めてとなる世界遺産です。

3つの大規模公共工事(詳しくは8/10の記事12/11の記事へ)
現在バリ島では
・ブノア~ヌサドゥアを結ぶ海上高速道路
・シンパンシウールの地下道建設
・ングラライ国際空港の拡張工事
の3つが進行中です。
全て、2013年にバリ島で開催されるAPECまでに完成予定です。
昨日の時点で、海上高速道路の建設現場の電光掲示板には
「完成まであと135日」と表示されていました。

給料水準の値上げ
年末に来てローカルを賑わせたのが最低賃金の値上げです。
首都ジャカルタでは220万ルピア/月となり、なんと44%の値上げ!!
それだけ経済が向上しているということなんですね。
バリ島への国内旅行者が増えるのも納得です。
もちろんバリ島も物価がどんどん上昇していて、
在住者が顔を合わせると
「久しぶりに○○に行ったらナシゴレンがまた値上ってたよ、はぁ~。」
なんて話ばかりしています。
経済が向上するのはいいことですが、
一緒に自分の家計経済も向上していかないと生活が苦しくなるという
厳しい時代に入っているバリ島です(泣)

by T

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ←ランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。
(ブログを書くモチベーションもあがりますので ^^)