2013/01/18

安倍首相ジャカルタ訪問なのに大洪水。。。

ジャカルタの洪水のニュースが日本のテレビニュースでも流れたようですね。
ネットにも数多くのニュース記事が出ています。
雨季には毎年洪水が起こるジャカルタですが、
ここまですごいのは初めてかもしれません。

首都ジャカルタで洪水、9500人避難
時事通信 1月17日(木)11時52分配信

インドネシアの首都ジャカルタの広い範囲で17日、豪雨により洪水が拡大した。国家防災庁によると16日夜の時点で9500人以上が避難を余儀なくされている。写真は、ジャカルタで、洪水の中を荷物を運ぶ市民。


(Yahooニュースより引用)

なんでも、大統領宮殿も浸水したとか。
今日、安倍首相がジャカルタ訪問の予定になっていますが、
大丈夫なんでしょうか?
ジャカルタにご旅行やご出張の方、ご注意ください。
空港周辺の道路も通行止めになっている所が多いようです。

下記は、在インドネシア日本国大使館より送られてきたお知らせです。

--------------------------------------------------------------------------
大使館からのお知らせ 平成25年1月17日(大13第1号)

◆豪雨による出水・洪水の発生について

  1. 過去数日間の豪雨により、ジャカルタ特別州内を南から北に向かって流れるチリウン川流域のカリバタやカンプン・ムラユ(南ジャカルタおよび東ジャカルタ)を始め州内各地及びジャカルタ周辺各地で、出水や洪水が発生し、家屋の浸水や道路の水没等の被害が出ています。また、チリウン川の水位上昇を受け、同河川の水門を開放した結果、独立記念塔を含む中央ジャカルタ方面へ向かう河川、水路の水位も上昇しています。ジャカルタ州政府災害対策庁は16日夕刻、並びに国家災害対策庁は17日午前、州内に最高レベルの洪水警報シアガ1を発令しました。当地気象庁によれば、17日午後から18日にかけて天候は引き続き不安定な状態が続く見込みです。
  2. つきましては、在留邦人の皆様におかれては、足元が不安定でもあることから不要不急な外出を控えていただき、今後とも天気予報等に十分留意のうえ、以下についてご注意されるようお知らせします。
    (1)河川流域および低地帯等水害の予想される地域にお住まいの方は、いつでも安全な場所へ避難できるよう準備をする。避難される場合には、避難先を所属組織(会社など)や友人、知人に連絡する。
    (2)停電や外出困難になる場合に備え、必要に応じて、緊急用の食料や飲料水の備蓄、懐中電灯などの用意をする。
    (3)道路の寸断や渋滞の発生、鉄道等公共交通機関の運休など、交通事情にも大きな影響が出ているため、外出の際は十分に注意する。
    (4)水溜りから蚊が大量に発生することからデング熱などの感染症が拡大することも懸念されるため、住宅周辺の水溜まり等蚊の発生源の除去および消毒等に留意する。
  3. なお、大使館領事部は通常どおり業務を行っておりますが、大使館前のタムリン通りは冠水により交通規制が行われていますのでご注意ください。査証(ビザ)については、本日午後も申請を受け付けます。 
 by T

にほんブログ村 旅行ブログ インドネシア旅行へ←ランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。
(ブログを書くモチベーションもあがりますので ^^)