2013/03/29

ナチュラルなホテルで癒されましょ~

毎日青空が広がり、すっかり乾季の陽気になったバリ島です。
太陽の日差しが強いバリ島では、
空や海や緑の色がとっても鮮やかで、そのコントラストがとっても美しいです。
こんな季節にはウブドへ行って、
自然の中をゆっくり楽しむ癒し旅がオススメです♪

今日は、ウブドにある「ケナンガ・ブティック・ホテル」をご紹介します。
ナチュラルトーンなインテリアがとっても素敵で
好きな人はとってもハマってしまいそうなホテルです。
2012年にオープンしたばかりなので、まだ新しくてきれいなのも◎



場所は、ウブドの中心部から車で北へ約10分。
ホテルの周りには田園が広がっていて、とってものどかな雰囲気です。
15棟のみのお部屋なので、ホテル内もうるさくなくていい感じですよ。
町中へショッピングへ出かけたりする時には
ホテルのシャトルサービスを利用できるので利便性もOKです。

ケナンガ・ブティック・ホテルに泊まるツアーはこちら


P.S.
ホテルでの朝食は、今日本で話題の”パンケーキ”が好評なんです。
ぜひお試しいただきたいです♪

by M2



にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ←ランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。
(ブログを書くモチベーションもあがりますので ^^)

2013/03/28

バリ島の満月の謎が気になる


昨夜、ジャワ島のパチタンにて、弊社サーフガイドが撮影した満月の写真です。
こんな満月の光に照らされたら、なんか色んなパワーをもらえそうですよね♪
(サーフポイント「パチタン」についてはこちら


満月の日はヒンズー教において特別な日とされ、
お寺にお祈りに行ったり、家でも特別なお祈りをしたりします。
そんな理由から、バリ島の人たちはいつも満月を身近に感じて生活しています。

日本で生活していると
「あぁ、今日は満月だなぁ」なんて思ったりすることってあまりないみたいですね。
”みたいですね”って言うのは、ちょい天体オタクな私は
東京にいても毎日夜空を観察していたもので(笑)
それで、会社とかで夜空の話をしてちょっと引かれたり(汗)

バリ島にいると夜空を見上げなくっても、いつが満月かわかっちゃいます。
ヒンズー教の衣装に身をまとってお祈りに行く人の姿を見て
「あ~、今日って満月かぁ」ってね。
朝からお祈りに出かける人もたくさんいるので、
朝っぱらから「今日は満月だ」ってわかっちゃいますから(笑)


で、ここからが、タイトルにもなっている本題です。
満月カレンダーでは、日本時間の2013年3月27日18:27が満月でした。
時差が-1時間のバリ島では、
2013年の3月27日17:27が満月と考えるのが普通ですよね。

ところがどっこい!バリ島での満月は3月26日なんです!!
バリ島にはどの家庭にも「バリカレンダー」というのがあります。
そのカレンダーにはヒンズー教に関わる宗教行事の日にちなどが掲載されていて、
バリ島民たちはそのカレンダーに従って日常生活を送っています。
そして、そのカレンダーに記載されている満月は日本の満月より1日早いんです。

ヒンズー教の満月は、なぜ天文学上の満月と日にちがズレているのか??
誰か知っている方、ぜひぜひ教えてくださ~い!!
周りにいるバリ人達に聞いてみたのですが、
だ~れも答えを教えてくれませんでした(涙)
彼らの満月はバリカレンダー上の満月であって、
それが天文学上の満月とズレていることさえ知らなかった。。。
あ~~~気になる~っ!

by T



にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ←ランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。
(ブログを書くモチベーションもあがりますので ^^)

2013/03/27

ガルンガン

バリ島は、今日はガルンガンです。
ガルンガンとは、ウク暦の210日ごとにやってくるヒンズー教の祭日で、
世の中の善の悪に対する勝利を記念する日です。
この日には祖先が各家庭に帰ってくると言われているため、
日本の迎え盆によく例えられます。

ガルンガンには、バリ人はみな実家へ里帰りし、
家の前にペンジョールと言われる竹の飾りを立て、
家寺もきれいに飾り付けて、お祈りをします。
また、村の寺院へも参拝に行きます。

ガルンガンの10日後には送り盆にあたるクニンガンもやってきます。
今月は、ニュピもありガルンガンもあったので、
バリの人たちは本当に忙しい1ヶ月でした。



2013/03/22

レンボンガン島日帰りツアーがオススメ!

3/8の記事でレンボンガン島について書きましたが、
今日はおすすめのオプショナルツアー
「レンボンガンでマングローブ」をご紹介します♪


バリ島のサヌールからスピードボートで約30分で、
あっという間にレンボンガン島へ上陸!!


ボートを降りたら、トラックの荷台に乗りこんで移動します。
緑に囲まれた一本道、なんだか癒されます~♪


数分でマングローブの森の入り口に到着です。
ここから小舟に乗ってマングローブの森探検に出発~!!

というのが、今までの普通のツアー。
4月からは新しいタイプのツアーが始まります!!
それは・・・


スタンドアップパドル(SUP)ツアー!!
小舟での~んびりとマングローブツアーもいいですが、
スタンドアップパドルならより自然を身近に感じられて
ジャングルクルーズ気分満点!!

スタンドアップパドルはボードが大きい為に浮力&安定感がありますので、
コツさえつかんでしまえば、誰でも簡単に乗ることができます。
 森に入る前にはインストラクターからのレクチャーがありますので
初めての方でも大丈夫です。
※実際のツアーではボードに座った状態で漕ぎます。


マングローブ探検の最後は海へ!
澄んだ海と青い空で気分爽快~♪
※天候や潮の状況によって海に出ない日もあります。


マングローブの後は、透明度の高いレンボンガンの海でのシュノーケリング!
竜宮城のような眺めに感激~。


レンボンガン島は潮の流れが早いので、
フィンであまりバタ足をしなくても流れに乗って自然に進んでいけるので
楽ちんシュノーケリングです。
ライフジャケットがありますので泳ぎがあまり得意でない方でも安心です。


自然の中で一通り遊んだ後は、
美味しいと評判のワレワレバンガローのレストランでランチタイム。
思いっきり遊んだ後のご飯は一段と美味しい♪


スピードボートの出発時間までは、ワレワレバンガローのプールでリラックス。


レンボンガン島の自然の中で思いっきり遊ぶ1日ツアー。
お子様からご年配の方まで誰でも楽しめます。

レンボンガンDEマングローブのお申し込みはこちらから

by T


にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ←ランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。
(ブログを書くモチベーションもあがりますので ^^)

2013/03/21

ジョグジャカルタ、ラーマヤナ舞踊鑑賞ツアー

ジョグジャカルタにある世界遺産「プランバナン寺院」を背景にした野外ステージで、
伝統舞踊「ラーマヤナ物語」を鑑賞できるシーズンがそろそろやってきます!!
きらめく夜空の星の下、響き渡るガムランの音と
きらびやかな衣装に身を包んだ踊り手たち誘うラーマヤナ物語の世界。
世界遺産の目の前で繰り広げられる壮大なパフォーマンスを
鑑賞してみませんか?



【そもそも「ラーマヤナ」とは??】

古代インドの大長編叙事詩。全7巻。
サンスクリットで書かれており、その長さは48,000行に及ぶ。
ヒンドゥー教の神話と、古代英雄であるラーマ王子に関する伝説をまとめたもの。
(wikipediaより)

紀元前2~3世紀頃にインドで誕生したラーマヤナ物語ですが、
東南アジアに伝わったのは8世紀以降と言われています。
インドネシアへ伝わってきたのは10世紀頃だとされています。

インドネシアでは、多くの伝統舞踊やワヤンクリッ(伝統影絵)などに
ラーマヤナ物語が使用されています。
バリ島で有名なケチャダンスもラーマヤナ物語を題材としています。


【通常公演】

全4幕のラーマヤナ物語を凝縮したダイジェスト版を上演しています。
1年を通して上演していますが、季節によって場所が異なります。

5月~10月:野外ステージ(雨天の場合は、屋内ステージに変更となります)
11月~4月:屋内ステージ

ラーマヤーナ舞踊鑑賞付きツアーはこちらから


【満月の4日間限定のスペシャル公演

5月~10月の毎月の満月の4日間限定で、スペシャル公演が行われます。
毎夜1幕ずつ上演され、4日間で全幕を鑑賞できるようになっています。
(※雨天の場合は中止となります。)

満月の4日間限定スペシャル公演を堪能するツアーはこちらから

by M2

にほんブログ村 旅行ブログ インドネシア旅行へ←ランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。
(ブログを書くモチベーションもあがりますので ^^)

2013/03/19

パチタンのサーフシーズン、そろそろですよ~!!



ジャワ島パチタンの契約サーフガイドから
ボディボーダーのライディングショットが届きました~。

バリ島でも、日本人が少ないポイントでは、
ボディボードを見かけることって割と少ないですが、
日本人がまだほとんどいないパチタンでは
ボディボードはホントたま~にしか見かけません。
たま~にいるボディボーダーは、
たいてい白人男性の上級者だったりするので、
その素晴らしいライディングに見とれてしまいます♪
バリ島のウルワツやパダンパダンなんかも同じですよねぇ。

上の写真は、パチタンの町から車で約30分のワトゥ・カルン。
ワトゥ・カルンにはライトとレフトの波があり、
スウェルが入るとバレルを巻いたパーフェクトフェーブが出現します。
これからの乾季に風向きが合い、サーフ可能となります。
今年のGWはパチタンでサーフィン、いかがですか?

パチタンの詳しい情報&パチタンへのサーフトリップのご予約はこちらから


にほんブログ村 旅行ブログ インドネシア旅行へ←ランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。
(ブログを書くモチベーションもあがりますので ^^)





2013/03/14

目指すはバリ島仕込みのセラピスト♪

”バリ島と言えばスパ”というほど、スパが有名になったバリ島ですが、
最近はスパでトリートメントを受けるだけでなく、
スパでエステ講習&実習を受講するのが人気になってきています。

ということで、スパ講習&実習の付いたツアーを新発売♪

バリ島ツアー5日間 クイーンローズスパでの3DAYSエステ講習付き

レッスンメニューは、
-バリニーズマッサージ
-アロマテラピーマッサージ
-クリームバス
の3つの中からお好きなものを1つお選びください。

1名様から参加可能ですので、
バリ島エステのテクニックをマスターしてみたい方は是非♪

by M2

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ←ランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。
(ブログを書くモチベーションもあがりますので ^^)

2013/03/13

ニュピ前日のオゴオゴ

昨日はニュピでしたので、1日中家でおとなし~くしてました。
車やバイクの音がしない静かな日というのはなかなかいいものです。
夜は夜で満点の星空が見えました☆
朝6時以降、車もバイクも走っていないために空気が澄んでいるのと、
島中の灯りが消えて真っ暗なのとで、
ものすごい数の星が見えました~!!

ニュピの前日は恒例のオゴオゴ。
オゴオゴとは、ヒンズー教の新年を迎えるにあたり、
悪霊を追い払うための儀式の一環です。
儀式といっても堅苦しいものではなく、
簡単に言ってしまえば「張りぼて人形パレード」です(笑)


ニュピの約1ヶ月前からコツコツと作り上げたオゴオゴが、いよいよお披露目~!
夕方になると各村からオゴオゴが続々と集結してきます。

今年はクタのオゴオゴを見に行ってきました。
オゴオゴが道に出始めると、あちこちで交通規制が始まります。
家を出るタイミングを間違うと、ハマって目的地に着けないことも。。。


というわけで、早めに家を出ましたが、
昼過ぎからお店なども閉まり始め、夕方にはどこもシャッターが下りていて、
街は閑散としていました。
上の写真は、バイパスを通った知り合いからもらったものです。
いつもは大渋滞のバイパスもこんなにガラガラなんですね~。
やっぱりバリ島では、12/31の大晦日よりも
ニュピ(ヒンズー教のお正月)前日の方が大晦日って感じがしますね。
なんだか日本の大晦日を思い出す光景です。


早めにクタに到着したものの人出はすでにものすごいことに!
レギャン通りにずら~っと並ぶオゴオゴを見物しに来た人でごった返していました。


このオゴオゴ、とってもキレイにできていました。
これを作ったのはプロでも何でもなく、
バンジャール(村組織)の青年たち=一般人っていうのがビックリですよね~。


鷲?鷹?に乗られている人、リアル過ぎてちょっと怖いです。。。
この鷲?鷹?も羽の質感などまるで本物のようで、
しかも顔や目が動くんです!!
このまま映画に登場しても違和感ないほどの出来栄えです!


このトラの躍動感も素晴らしい~。今にも動き出しそうです。


近くで見てもこのクオリティ~。


19時過ぎ、いよいよオゴオゴが動き出しました!
各オゴオゴには番号が振られていて、コンテスト形式になっています。
審査員の前でガムラン演奏や踊りなどを披露したあと
オゴオゴのお披露目です。
お披露目と言っても単にオゴオゴを見せるわけではなく、
オゴオゴを担いで右へ左へと動いたり回ったり。
担ぎ手の息がしっかり合ってないとできない技です。
オゴオゴを作ったり、オゴオゴの動かし方を練習したり、
踊りやガムラン演奏の練習をしたり・・・、
ニュピ前のバリ人はホントに大変です。
しかもその合間に先日のムラスティなどの儀式や
日々のお祈りなどをやってるんですから、
バリ人の日常生活は宗教絡みのことで大忙しです。


コンテスト会場の写真を取ろうとちょっとずつ前へ前へと進んでみるものの、
ものすごい人混みでなかなかメイン会場に近づけず・・・。
人混みにもみくちゃにされながらもじりじりと前進を続け、
手を伸ばせばなんとか写真が撮れる位置までやっと到着~。
とはいうものの、押され押しつつの見学なので、写真を撮るのは一苦労。
やっと何とか1枚取れました、ふぅ~。
ってまた虎のオゴオゴでした(笑)
このオゴオゴを作ったバンジャールを応援してたってわけでもないんですが、
今回はこのオゴオゴに縁があったようですw


by T

2013/03/11

ムラスティはバリ人がビーチに大集合!

3月9日はムラスティの日でした。
今年はちょうど土曜日だったので、クタビーチまで見学に行ってきました。

ムラスティというのは、各村の寺院のご神体を海まで運んで清める儀式のことで、
毎年ニュピの2~3日前に行われます。
基本的には村から海まで列をなして歩いて行きますが、
海が遠い村は、村からみんなでトラックの荷台に乗って海まで行ったりします。
海まで微妙な距離の村が1番大変で、
海まで1時間以上もかけて歩いていったりします。

ムラスティは、バンジャールという村組織ごとに行われますが、
ビーチの混雑を避ける為に、バンジャールごとに時間割が決まっているます。
私は、規模の大きいムラスティを見られるクタビーチの午後の部に行ってきました。


夕方4時頃、正装をした人々が続々とビーチに入ってきました。
 

ヒンズー教の衣装をまとった人々がクタのビーチを列になして歩く様は
 「これぞバリ島!!」といった光景です。
 

女性たちは頭の上にお供え物を掲げて歩きます。
バンジャールによっては、上の写真のようにみんなで衣装を揃えたりします。
ものすごい量のお供え物代、衣装、サロンでのヘアセットなどなど、
1回の儀式で結構なお金がかかるものなんですよ。
 

後で踊りを奉納する子供たちはみんなきれいに着飾っています。
はぐれないようになのか、列をみださないようになのか、
 1本の綱にみんなで捕まって歩いているのが可愛らしいですね。
 

バンジャールによって持参するものやお供え物は異なります。
 

クタにあるいくつものバンジャールがそれぞれに祭壇を作るので、
ビーチには祭壇が並びます。
その祭壇に各バンジャールが持参したお供え物を供えていきます。


全部のバンジャールがビーチに到着すると、
ビーチ中人だらけになります。
あまりにも人が多すぎて総勢何人くらいいるのかま~ったく見当もつきませんが、
バンジャールの数から想像するにざっと千人近くはいるのではないかと。
たまたまビーチにした観光客達もビックリで、みんな写真撮りまくりです~。


こんなに大勢の人たちが一斉にお祈りをする光景は圧巻!!
 

子供たちもちゃんとお祈りしてますね。
 

最後は僧侶に聖水をかけてもらってビーチでの儀式は終了です。 


夕暮れの中、元来た道を村まで戻ってやっと本当の儀式の終了です。

ムラスティも無事に終わり、いよいよ今夜はオゴオゴです。
今年はどこに見に行こうかなぁ?
オゴオゴが終わるとバリ島はニュピに入ります。
ニュピの日はバリ島内にいるすべての人が外出禁止で、TVもラジオもやってません。
1年で1番の静寂の日がやってきます。

by T

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ←ランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。
(ブログを書くモチベーションもあがりますので ^^)

2013/03/08

レンボンガン島へ行こう!

バリ島の隣にあるレンボンガン島という小さな島をご存じですか?
スピードボートができたことによって人気が出てきたレンボンガン島を
今日はご紹介します。

バリ島の約12km東に浮かぶ小島「レンボンガン島」。
住所としてはレンボンガン島もバリの一部となり
住んでいる島民もバリ人なのですが、
そこにはバリとは全く違った光景が広がっています。


バリ島のサヌールからレンボンガン島まではスピードボートで約30分。
広~い海原を豪快に進むスピードボートはとっても気持ちいい♪

レンボンガン島は、ビーチ沿いこそ観光エリアとして開発されていますが、
それ以外は手付かずの自然の残る素朴な島です。


上の写真がレンボンガン島のメイン道路。
バリ島で言うところのレギャン通りです(笑)
お店がちょびーっとあるだけで、他はなーんにもありません。
ちょっと前まではバイクもほとんど走っていませんでしたが、
近年の経済成長のおかげかレンボンガン島にもだいぶバイクが増えました。


島の主要産業は海藻の養殖です。
干した海藻はパウダーになって輸出されます。
化粧品や石鹸、薬などの材料となるそうで、日本向けにも輸出されています。


レンボンガン島は住所としてはバリ州に属し
島に住んでいるのもバリ人ですが、
そこにはバリ島とは全く違った魅力が広がっています。
美しい海とのんびりした空気にとっても癒されますよ♪

【成田発ツアー】【羽田発ツアー】レンボンガン島に滞在するツアー
【オプショナルツアー】自然を楽しむ!日帰りレンボンガン島ツアー
【オプショナルツアー】クルーズ船に乗っていく1日レンボンガン島ツアー


にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ←ランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。
(ブログを書くモチベーションもあがりますので ^^)

2013/03/06

3月直前出発、お得なスペシャルツアー!!

今月中に出発の羽田発ツアーを新規ご予約のお客様へ嬉しいニュース!!
大変お得な旅行代金に加えて、嬉しい特典が盛りだくさんです!!

特典1:弊社大人気のオリジナル1000円観光&スパ
特典2:お部屋の無料アップグレード
特典3:4時間車チャーター(日本語ガイド付き)

3月出発限定 羽田発着特別プラン

春休みのご旅行や卒業旅行にいかがですか?
直前予約も間に合いますので、
お電話またはメールにてにてお問い合わせ下さい。
メール:tokyo_sunrise@srw.co.jp
電話:03-6406-8881

by M

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ←ランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。
(ブログを書くモチベーションもあがりますので ^^)


2013/03/05

手ぶらで挙式 バリ島ウエディングツアー

3月に入り、東京では春一番が吹きましたね。
寒さの厳しかった今年の冬ですが、
ようやく春の兆しが見え始めてきました~♪

そんなわけで、今日は人生の春を迎える方へ、
ウエディングツアーのご紹介です。
おすすめは、アマンダチャペル!

アマンダチャペル


空港から車で約5分のトゥバンエリアにあるアマンダチャペル。
「アマンダ」とはは「愛くるしい、可愛らしい」という意味です。
高く伸びた白い三角屋根が特徴のスタイリッシュなチャペルです。

このアマンダチャペルでの挙式とハネムーンがセットになったツアーが登場!
航空券、ホテル、挙式費用、衣装などが全て含まれていて、大変お得です~!

日本サイドで簡単手続き
予約・支払などの各種手続きは全て日本サイドで完結。
現地へ現金などを持参する必要がないので安心です。
また、ドレス&タキシードの試着&選択も
出発前に日本でできます。

身軽に出発
日本で試着&選択したドレス&タキシードと同じものを
現地でご用意いたしますので、
日本からドレスを持っていく必要がなく、身軽に出発できます。

現地でも安心のサポート体制
バリ島到着後は、弊社バリ島支店の日本人コーディネーターが
お客様のケアをいたしますので、安心です♪

ご希望のホテルへのアレンジも可能ですのでお問い合わせください。

手ぶらで簡単挙式 アマンダチャペルウエディングツアー
日数変更やご希望のホテルへの変更も可能です。
お気軽にお問合せ下さい。

by Y

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ←ランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。
(ブログを書くモチベーションもあがりますので ^^)

2013/03/01

スーパー早割!!6月出発バリ島ツアー

ガルーダ・インドネシア航空からの嬉しいお知らせです♪
4月&5月出発分(お申し込みは2月末まで)に適用されていたスーパー早割が、
6月出発分まで延長となりました!!
通常の早割もお得ですが、スーパー早割ならさらにもっとお得です。

【スーパー早割の適用】
出発日:2013年6月1日~30日
お申込:2013年3月31日まで
座席数:各日40席限定

6月期間限定!スーパー早割!安さでGO!
6月期間限定!スーパー早割!ハネムーナー&ウエディングに人気!
6月期間限定!スーパー早割!サヌールは大人たちに人気!

上記以外のホテルでもスーパー早割の適用が可能です。
ご希望のホテルがありましたら、お問合せ下さい!お見積りいたします!

メール:tokyo_sunrise@srw.co.jp
電話:03-6406-8881

この機会をお見逃しなく!

by E

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ←ランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。
(ブログを書くモチベーションもあがりますので ^^)