2013/03/13

ニュピ前日のオゴオゴ

昨日はニュピでしたので、1日中家でおとなし~くしてました。
車やバイクの音がしない静かな日というのはなかなかいいものです。
夜は夜で満点の星空が見えました☆
朝6時以降、車もバイクも走っていないために空気が澄んでいるのと、
島中の灯りが消えて真っ暗なのとで、
ものすごい数の星が見えました~!!

ニュピの前日は恒例のオゴオゴ。
オゴオゴとは、ヒンズー教の新年を迎えるにあたり、
悪霊を追い払うための儀式の一環です。
儀式といっても堅苦しいものではなく、
簡単に言ってしまえば「張りぼて人形パレード」です(笑)


ニュピの約1ヶ月前からコツコツと作り上げたオゴオゴが、いよいよお披露目~!
夕方になると各村からオゴオゴが続々と集結してきます。

今年はクタのオゴオゴを見に行ってきました。
オゴオゴが道に出始めると、あちこちで交通規制が始まります。
家を出るタイミングを間違うと、ハマって目的地に着けないことも。。。


というわけで、早めに家を出ましたが、
昼過ぎからお店なども閉まり始め、夕方にはどこもシャッターが下りていて、
街は閑散としていました。
上の写真は、バイパスを通った知り合いからもらったものです。
いつもは大渋滞のバイパスもこんなにガラガラなんですね~。
やっぱりバリ島では、12/31の大晦日よりも
ニュピ(ヒンズー教のお正月)前日の方が大晦日って感じがしますね。
なんだか日本の大晦日を思い出す光景です。


早めにクタに到着したものの人出はすでにものすごいことに!
レギャン通りにずら~っと並ぶオゴオゴを見物しに来た人でごった返していました。


このオゴオゴ、とってもキレイにできていました。
これを作ったのはプロでも何でもなく、
バンジャール(村組織)の青年たち=一般人っていうのがビックリですよね~。


鷲?鷹?に乗られている人、リアル過ぎてちょっと怖いです。。。
この鷲?鷹?も羽の質感などまるで本物のようで、
しかも顔や目が動くんです!!
このまま映画に登場しても違和感ないほどの出来栄えです!


このトラの躍動感も素晴らしい~。今にも動き出しそうです。


近くで見てもこのクオリティ~。


19時過ぎ、いよいよオゴオゴが動き出しました!
各オゴオゴには番号が振られていて、コンテスト形式になっています。
審査員の前でガムラン演奏や踊りなどを披露したあと
オゴオゴのお披露目です。
お披露目と言っても単にオゴオゴを見せるわけではなく、
オゴオゴを担いで右へ左へと動いたり回ったり。
担ぎ手の息がしっかり合ってないとできない技です。
オゴオゴを作ったり、オゴオゴの動かし方を練習したり、
踊りやガムラン演奏の練習をしたり・・・、
ニュピ前のバリ人はホントに大変です。
しかもその合間に先日のムラスティなどの儀式や
日々のお祈りなどをやってるんですから、
バリ人の日常生活は宗教絡みのことで大忙しです。


コンテスト会場の写真を取ろうとちょっとずつ前へ前へと進んでみるものの、
ものすごい人混みでなかなかメイン会場に近づけず・・・。
人混みにもみくちゃにされながらもじりじりと前進を続け、
手を伸ばせばなんとか写真が撮れる位置までやっと到着~。
とはいうものの、押され押しつつの見学なので、写真を撮るのは一苦労。
やっと何とか1枚取れました、ふぅ~。
ってまた虎のオゴオゴでした(笑)
このオゴオゴを作ったバンジャールを応援してたってわけでもないんですが、
今回はこのオゴオゴに縁があったようですw


by T