2013/09/27

特典!!もれなく海上高速道路利用!!


9/23に開通した、ヌサドゥア~空港~ブノア港を結ぶ海上高速道路。
海の上を走る高速は、景色も抜群で渋滞も無く快適!!
晴れた日の夕方にはキレイな夕陽も見れますよ♪

弊社のお客様は、空港~ホテル間の送迎時に
無料にて海上高速道路をご利用いただけます!!
ご希望の方は、弊社ガイドにお申し付け下さい。

※サヌールエリア、・ヌサドゥアエリア、ウブドエリアのホテルが対象となります。

2013/09/23

海上高速道路オープン!

先日の新空港の一部オープンに続いて、
今度は、ヌサドゥア~空港~ブノア港を結ぶ海上高速道路がオープンします。
今日の夕方に開通式が行われ、明日から一般の通行が開始になる予定です。

明日から30日までは、オープニング記念として、通行料は無料!
10/1からは、車は1台1万ルピア、バイクは1台4ルピアとなります。

空港⇔ヌサドゥア、
空港⇔サヌール、
空港⇔ウブド、
ヌサドゥア⇔サヌール、
ヌサドゥア⇔ウブド、
ヌサドゥア⇔デンパサール
などの移動時に高速道路の利用が可能です。

2013/09/19

デンパサール空港のターミナル移動について

バリ島デンパサール空港の拡張工事に伴い、
ターミナルが以下の通り順次移動となります。

9月19日  国際線到着ターミナルが新ターミナルへ移動
       (出発ターミナルは移動無し)

9月29日  国際線出発ターミナルも新ターミナルへ移動

※国内線は当面は移動無し。
※新ターミナルのラウンジ(ファーストクラス、ビジネスクラス用)は、2014年初旬オープンの予定です。完成までは、暫定的に用意されたラウンジをご利用いただきます。

2013/09/13

サキドリ♪ 2013年オープンのホテルのまとめ

ホテル建設ラッシュがまだまだ続くバリ島。
今年に入ってからだけでも、多くの新ホテルがオープンしました。
ローカル向けのホテル、ロスメン、大型ホテル、ヴィラまで、
正直、正確な数は旅行会社でさえ把握しきれません(汗)


リンバ・ジンバラン・バリ(Rimba Jimbaran Bali)

オープン:2013年10月
エリア:ジンバラン

アヤナリゾートの姉妹ホテルとして、アヤナの敷地内のヒルサイド側にオープン。
天然素材を使用した建材を取り入れた、ナチュラルなリゾートです。
多層式のプールにはカバナやプールバーも設置予定。
アヤナ~リンバ間には定期的にシャトルバスが走っており、
両リゾートの宿泊者は両リゾートの施設を共有できるようになっています。

リンバ・ジンバラン・バリに泊まるツアーはこちら


ハーパー・クタ(Harper Kuta)

オープン:2013年9月
エリア:クタ

素朴で温かみのあるライフスタイルコンセプトの、アストングループの新しいホテルブランドです。場所はサーファーガールの斜め向かいで、レギャン通り沿い。歩いてショッピングや食事に出かけられる、抜群の立地です。バウンティやスカイガーデンなどのクラブへも徒歩5分なので、夜遊び派にも◎

ハーパー・クタに泊まるツアーはこちら


リージェント・バリ(Regent Bali)


オープン:2013年6月
エリア:サヌール
シンメントリーなデザインが特徴的なモダンなリゾート。
お部屋は、ヴィラ26棟を含む全120室。
デラックス・スパ・スイートは、お部屋内にスパトリートメントルームが完備されており、
1泊毎にスパ特典がプレゼントされます。
キッズクラブもあるのでファミリーにもおすすめできます。

リージェント・バリに泊まるツアーはこちら


アラヤ・ウブド(Alaya Ubud)

オープン:2013年4月
エリア:ウブド
クタにあるヴィラ・デ・ダウンの姉妹ホテル。バリ島で有名な欧米人デザイナーが手掛けた、ウブドらしさとモダンスタイルが魅力的なホテルです。ハノマン通り沿いに建ち、モンキーフォレストまで500m、ウブド市場やウブド王宮まで900mと、観光に便利なロケーションです。ホテル内には、数々の賞を受賞している「ダラ・スパ」が入っています。

アラヤ・ウブドに泊まるツアーはこちら


アラム・ヴィダダリ・ヴィラス(Alam Bidadari Villas)

オープン:2013年1月オープン
エリア:スミニャック

アラムホテルグループがマネージメントする、最新プチヴィラ。ジャワ伝統様式のジョグロスタイルの屋根が特徴的なヴィラに仕上がっています。デウィサラスワティ通り沿いという便利なローケ-ションも◎

アラム・ビダダリ・ヴィラスに泊まるツアーはこちら



アイズ・スミニャック(IZE Seminyak)

オープン:2013年4月
ロケーション:スミニャック
ザ・バレ、ジ・アマラ、ザ・ムンジャンガンの人気ホテルを手掛るライフスタイル・リトリーツ・グループの新しいホテル。
オベロイ通りの中心部に位置し、ショッピングや食事に最適な立地。

アイズ・スミニャックに泊まるツアーはこちら



ル・メリディアン・ジンバラン(Le Meridian Jimbaran)


オープン:2013年1月
エリア:ジンバラン

各国に高級ホテルを展開するスターウッド ホテルズ&リゾーツが、バリとモダンの雰囲気を調和させた全118部屋の
新リゾートをオープン。フィットネスセンター、プール、お子様用のキッズプール、プログラムもあり、ご家族連れにもおすすめです。

ル・メリディアン・ジンバランに泊まるツアーはこちら



2013/09/12

バリ島で、甘くない飲み物を飲むには

常夏のバリ島では、熱中病などにならない為に水分補給は大事です。
バリ島のスーパーやコンビニでは、色々な飲み物を買うことができます。
ミネラルウォーターをはじめ、紅茶、緑茶、コーラやファンタなどの炭酸飲料、
それに、レモンウォーター、ポカリスエット、アクエリアスなど日本のものまで、
かなりたくさんの種類の飲み物が売られています。

が・・・・・、問題は、ミネラルウォーター以外は全て甘い!!
紅茶もストレートは無く、全部砂糖入りで、なんと緑茶までも砂糖入り!!

これだけ多くのお茶が売られているのに、全部砂糖入りという・・・

「砂糖入りの緑茶、美味しいよー」というインドネシア人の薦めで試しに買ってみましたが、
日本人にはまず無理!!
砂糖が入っていないポッカのウーロン茶と緑茶も店によっては置いてありますが、
他の飲み物に比べるとちょっと割高です。

のどが渇いた時に甘いものを飲むと余計にのどが渇きますよね?
でも水ばっかりというのもなんですし。
そんな時にオススメなのが、水出し用のティーバッグ。
日本からお茶パックだけ持ってきておいて、
こちらでペットボトルのミネラルウォーターを買って入れるだけ。
これでいつでも甘くないお茶が飲めます^^
最近では、ペットボトル用のティーバッグも売られていますね。

バリ島では、レストランなどで飲み物を頼む時も要注意です。
コーヒーや紅茶の場合、4ツ星以上のホテルでは、
砂糖とミルクが別々に出てくることが多いですが、
中級以下のホテルや街中のレストランなどでは、
何も言わないと砂糖入りで出てきます。
アイスコーヒーやアイスティーでも一緒です。
ですので、オーダー時に「ノンシュガー」とリクエストするのをお忘れなく。
フルーツジュースも、お店によってはシロップがたっぷり入った
甘~いものが出てきます。
ただ、フルーツジュースの場合は
オーダー時に「ノンシュガー」というのはそれはそれで危険なんです。
フルーツは個々に甘さが違いますので、
ノンシュガーにしてしまった場合、甘さが足りずに美味しくなくなることもしばしば。
とりあえずオーダー時に「砂糖は少なめで」と言っておいて、
もし甘さが足りなければ後で足してもらうのが1番いいと思いますよ。

by T

2013/09/10

お子様連れにオススメのビーチ

小さな子供がいるので、波の穏やかな海で遊びたい!

子供と一緒に海の生物や貝探しなどの磯遊びをしたい!

青い海と白いビーチがまぶしい南国らしい海を子供に体験させたい!


そんなご希望をお持ちの方、結構多いですよね。
今日は、そんな方の為に、お子様連れにオススメのビーチをいくつかご紹介します。


1.ヌサドゥアビーチ

波が穏やかなホワイトサンドのビーチです。
人も多くなく、のんびりと海遊びを楽しむことができます。
ビーチ前のホテルに泊まれば、ホテルから直接ビーチへ出られるので、
小さなお子様連れの方にオススメです。
ホテル目の前のビーチにあるパラソルやサンデッキは、
そのホテルの宿泊者は無料で利用できるのも便利♪
全体的に遠浅の海ですが、バリコレクションの辺りは特に浅くなっていて、
干潮時には歩いて遠くまで行くことができます。
アクアシューズを持って来れば、
岩礁の上を歩きながら魚や小エビ探しなどを楽しむことができます。

★ヌサドゥアビーチのおすすめホテル
グランドハイアット
アヨディアリゾート
ヌサドゥアビーチホテル&スパ


2.ゲゲルビーチ

何年か前まではあまり人のいない穴場ビーチでしたが、
2012年にムリアホテルができたことに伴い、がらりと雰囲気が変わりました。
水のキレイな遠浅の海で、安心して海水浴やシュノーケリングを楽しむことができます。
一部、海底に岩やサンゴなどが多い場所がありますので、
干潮時にはアクアシューズがあると便利かもしれません。

★ゲゲルビーチのおすすめホテル
ムリアリゾート&ヴィラス


3.パンダワビーチ


バリ島で1番新しいビーチです!!
ちょっと前までは地元の人しかいないシークレットビーチ状態でしたが、
ここ1年ほどで一気に開発が進み、
今や白人やインドネシア人の観光客の間で1番旬なビーチとなっています。
沖の岩礁が波止めになっているので、
1日を通して波の穏やかな海です。
ビーチにはカヌーのレンタルもあるので、
ご家族でカヌー乗りを体験してみるのも楽しいですよ♪
干潮時には手前の岩が海から顔を出してきますので、
ヤドカリやカニ、時にはウミウシなどを見つけることができます。
海底に岩やサンゴが少ないので、シュノーケリングには向きません。

パンダワビーチへは、8時間車チャーター(ドライバー&ガイド付き)
のご利用が便利です。
※ヌサドゥアからタクシーで20分ほどで行けますが、
  ビーチ周辺には流しのタクシーなどは走っていませんので、
  お帰りの車をあらかじめご用意ください。


4.サヌールビーチ

波が穏やかな白砂が美しいビーチとして昔から定番なのがサヌールビーチ。
こちらもビーチ沿いにホテルがいくつも建っているので、
ビーチ沿いのホテルに泊まれば、ホテルから直接ビーチへ行くことができます。
サヌールビーチには遊歩道が整備されているので、お散歩にも最適です。
東向きのビーチなので、ちょっと早起きして、朝のウォーキングを楽しみながら、
サンライズを眺めるのも◎

★サヌールビーチのおすすめホテル
バリハイアット
サヌールビーチホテル
ペニーダビュービーチホテル

2013/09/09

バリのナイトスポット特集!!


バリでの夜遊びスポットを特集したページができました!
ホテルに併設されているちょっと大人なビーチバーやルーフトップバーや
オン・ザ・ビーチにあるカジュアルな雰囲気のカフェ、
毎夜賑わっているクラブなど、
バリ島で旬のナイトスポットをご紹介しています。

また、「夜遊びしたいけど、海外ではちょっと怖い」という方の為に、
ガイド付きのナイトツアーも登場!!
ぜひご利用下さい。

バリ島ナイトスポット特集はこちら

2013/09/05

バリ島のお花


今日はお花のお話です。

皆さん、この花はご存じですか?
ブーゲンビリアという花です。日本名では、イカダカズラと言うそうです。
熱帯性の植物なので、ここバリ島にもたくさんあります。
白やピンク、紫など、色々な色がありますが、
バリ島ではこの紫がかったピンクが1番多いですね。
色合いがとてもきれいなので、ホテルやヴィラにもよく植えられています。

バリではこの花をお祈りの時に良く使用しますので、
とってもみんなに親しまれています。
お供え物にあるお花を使ってお祈りをした後
最後にそのお花を耳に付けるのですが、
その時によくこの花びらを使用します。
ガイドさんやお店の店員さんなどの耳を見ると、
もしかしたらこの花びらが見つかるかもしれませんよ^^

では、ちょっとここで豆知識。
インドネシア語では、この花は、ブンガ・クルタスと呼ばれています。
ブンガ=花、クルタス=紙、という意味です。
確かに、紙っぽく見えますよね。
こういう覚えやすい名前は、外国人である私にとっては助かります^^
でも、実は、この花びらに見えるような部分は花ではなく、葉なんです。
真ん中にめしべのようなものが3本見えていると思いますが、
これが本当の花の部分です。
上の写真ではまだつぼみですが、開くと小さな白い花が咲きます。

バリには南国ならではの美しい植物がたくさんあります。
ホテルやヴィラの庭にも色々な植物が植えられています。
ちょっと足を止めて、キレイな花でも見て癒されてみてはいかがでしょうか?

by T

2013/09/03

バリ島波情報

早いものでもう9月ですね。
バリ島の乾季ももう中盤を過ぎました。
ウエストサイドでサーフィンをするなら急ぎましょー!!

先週出ていた波予報では、
昨日は今年1番のビッグスエルが入ると出ていたので
サーファーたちは楽しみに待っていたのですが、
残念ながら予想よりもだいぶ小さい波でした。
昨日も今日も風が強く吹いてしまっているので、
思ったほどサイズがあがらなかったようです。
とはいえ、今週いっぱいはバリ島にスエルが入っていますので、
どこのポイントでもサーフィン可能です。
もうちょっと風がおさまってくれるといいんですけどね。

こんな良い波に乗れたら幸せですよねー♪ (波が当たった時のパダンパダン)
サーフトリップツアーはこちらから

by T