2013/12/24

日本企業の飲み物が続々登場!

インドネシアでも、日本でお馴染みの飲みのもを買うことができます。
有名どころとしては、ポカリスエット、アクエリアス、レモンウォーター、C1000
などがあります。


面白いのは、レモンウォーターの他にオレンジウェーターがあったり、
C1000レモンにオレンジやアップルがあること。
飲み物と言えば甘~いものばかりで、
特に酸味が強いものをあまり好まないインドネシア人に合わせて、
甘いタイプも出したのではないでしょうか?
上記の写真の飲み物は既にインドネシアでも人気商品となっていて、
今はほとんどどこのお店でも手に入れることができます。

そんなところへ、今度は続々とお茶ベースの飲み物も入ってきました!
経済も人口も右肩上がりで消費がどんどん増えているアジアへ
日本企業が満を持して進出~!、となったわけです。


緑茶のICHI OCHA(アサヒ)とMIRAI(サントリー)、
烏龍茶のMYTEA(サントリー)。
嬉しいことに、インドネシアの平均的なペットボトル飲料とほぼ同じ値段!
やったー、これでバリ島でも緑茶や烏龍茶が飲める~!!!!!
と思って喜んだのも束の間・・・。

すっかり忘れていました。
この国の人たちは甘くない飲み物はあまり好きじゃないんでした。
アサヒだサントリーという社名を見て、勝手に「日本だー」と舞い上がりましたが、
これらの飲み物はインドネシアでインドネシア人向けに売られているもので、
決して日本人対象ではないんです・・・。
なんとなんと、どれももんのすご~~~く甘い!!
ベースの緑茶や烏龍茶の味なんてほとんどわからないほどに、とにかく甘い!!
なんとも悲しい(;;)

でも悲しんでいるのは日本人だけ。
インドネシア人にはこれらの飲み物は大人気で、
ちょっとしたお茶ブームになっている感じです。
「美味しい?」と恐る恐るインドネシア人に聞いてみると、
満面の笑みで「美味しい~♪」と返事が返ってきました。
というわけで、インドネシアでは大成功なわけです~。